韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  日韓の争いを見てほくそ笑む米国

日韓の争いを見てほくそ笑む米国

2019年2月2日、中国網は、日韓両国の対立が長引くことで米国がほくそ笑んでいるとするコラムを掲載した。以下はその概要。 近頃、日本と韓国がレーダー照射問題をめぐって激しくやり合っており、互いに相手を非難し、謝罪を求めている。たまたま起きたハプニングのように思えるが、なぜ日韓関係にこれほど大きな波を立たせたのか、地域における重要な盟友である米国がなぜ介入しないのか。その理由はなかなか複雑なのである。

歴史的な観点から見ると、日韓は「代々の敵」同士ということになる。近代以前は日本の海賊や地方の武装勢力が頻繁に朝鮮半島沿岸を襲撃したほか、16世紀末には豊臣秀吉が朝鮮侵略を企てた。近代に入ると、日清・日露の両戦争を経て日本が朝鮮半島を制圧し、1910年には日韓併合条約により45年の第2次世界大戦終了まで朝鮮を日本の植民地とした。現在すでに国交は正常化されているが、心から関係を修復しようと思えばそれは決して簡単なことではないのだ。

歴史的な問題と現在における平和は分けて考えるべきという向きもある。確かにドイツとフランスは今では仲良しだ。しかし、ドイツ人が歴史に対し深く反省して来たからこそ、数十年前の恨みが平和と友好へと少しずつ変化していったことを忘れてはいけない。翻って日本は、戦後に侵略行為を何度も否定し、歴代の政府要人は競うように靖国神社を参拝して軍国主義の魂を慰めてきたのだ。

スポンサードリンク
現実的な利益という点で見れば、日韓両国は東アジアにおけるライバルだ。経済成長の時期、その路線が似通っていることから相互補完性よりも競争性のほうが強く、多くの分野で直接の競争相手となっている。 また、両国間には竹島の領有権をめぐる紛争もある。戦後に韓国が独立した際、米軍は意図的に竹島の帰属問題に触れなかった。すなわち、日韓の領土問題の種は米国人によって植えられたと言える。日韓両国が激しくやり合うなか、米国はそれを見ているだけで何も口出しをしない。米国にとってはこの姿勢こそが、最も自らの利益にかなっているということなのかもしれない。
https://www.recordchina.co.jp/

アメリカは、日韓双方との利害関係を天秤にかけて、両国の争いに直接関与するのを避ける方針だ。アメリカの視点では、特に北朝鮮の核開発計画に対する国際的な交渉の重要な時期にあって、東アジアの重要な同盟国同士の継続的な緊張は不必要な混乱で、日韓の対立はアメリカにとっては迷惑なだけだという指摘がある。日韓の二国間で早急に不仲を解決してほしいというのがアメリカの本音のようだ。

一方で、米国の反応をみると、やはり今回の韓国側の主張には無理があり、無責任だとみなす基調が浮かび上がる。米国の主要メディアの報道は、まずこの時期に日本と韓国が対立を深める事態が米国の政策にとって非常に大きな支障を引き起こすという点で一致している。そして韓国最高裁の判決が、米国の東アジア戦略にとって大きな障害を新たにつくり出したと批判する点で一致していた。とはいえ米国側もしっくりこない。条約でいえば米国は日本の意見で韓国切りでも不思議はないが、北朝鮮との首脳会談を控えており、複雑なのだろう。 しかし冷静に見れば、米朝首脳会談とは言え、米国防衛だけで、日本にとっての脅威は残る。日米同盟はすでに亀裂が入り始めているようにも感じるが…。

関連記事

[ 2019年02月05日 12:59 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
北朝鮮は怒っている
米国がほくそ笑むのは、まだ韓国から防衛費をとれるからだろう。

海上の「瀬取り」を日本の自衛隊に邪魔されて、
北朝鮮はそうとう頭にきてますね。
もちろん、韓国から裏でいろいろもらっているとは、決して言わない。

北朝鮮が日本を猛非難…「平和と安定を破壊するがんのような存在」
https://japanese.joins.com/article/894/249894.html?servcode=500§code=500&cloc=jp|main|inside_left

そういう韓国は、まだ米軍駐留を払う。米韓の敵は北朝鮮。
もうグチャグチャだ。こんなことは何年も続かない。
どう、ケリを付けるのか。この解決は文在寅の力量次第。
[ 2019/02/05 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp