韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対中輸出が3カ月連続減少 経済指標悪化の懸念

対中輸出が3カ月連続減少 経済指標悪化の懸念

韓国産業通商資源部が先ごろ発表した1月の輸出額(速報値)は、2カ月連続で前年同月比マイナスを記録した。半導体など主力品目の不振の影響が大きく、自動車、鉄鋼などの輸出は伸びたものの、対外条件の悪化による衝撃を防ぐには力不足だった。半導体は昨年続いた価格下落傾向が輸出額減少に大きな影響を与えた。今年1月の半導体の輸出額減少率は前年同月比23.3%まで悪化し、先行きはさらに不透明になった。他の主要産業も状況は芳しくなく、1月は13品目中9品目の輸出が前年同月比で減少した。

国別では、主要取引国への輸出が振るわなかった。最大の貿易相手国である中国への輸出額は昨年11月から3カ月連続で減少し、減少率は11月が3.1%、12月が14.0%、1月が19.1%と拡大傾向を示している。半導体、一般機械、石油製品、無線通信機器の不振が響いた。当局は中国産業の景気不振、需要減少、現地企業の市場支配力拡大などが影響を及ぼしたと分析した。韓国経済の成長エンジンの役割を果たしてきた輸出の不振が続けば、最終的にマクロ経済指標にも悪影響を与える可能性があるとの懸念が出ている。

スポンサードリンク
実質国内総生産(GDP)成長率は17年に3.1%を記録し、14年(3.3%)以来3年ぶりに3%台に回復したが、昨年は2.7%に下落した。韓国銀行(中央銀行)は今年の成長率見通しを2.7%と発表したが、先ごろ2.6%に下方修正した。
https://jp.yna.co.kr/

今年1月の韓国の輸出が前年同月比5.8%減少した。昨年12月(1.3%減)に続いて2カ月連続のマイナス。輸出が2カ月連続で減少したのは2016年9、10月以来。半導体価格と原油価格が下落したうえ、米中貿易紛争の影響などで対中国輸出が減少する「三重苦」が原因としている。1月の輸出不振は米中通商紛争、ノーディル・ブレグジットなど通商環境の悪化のほか、半導体単価の下落、国際原油価格の下落、中国景気の鈍化--など、対外要因が複合的に作用したという評価だ。産業部は1月の輸出不振について、半導体・石油化学・石油製品など韓国の輸出主力品目の単価下落のためとした。

1月の半導体輸出は74億2000万ドルで、前年同月比23.3%減少した。半導体輸出は昨年9月の最高実績(124億3000万ドル、28.3%)から減少傾向で、半導体価格の下落の影響が大きい。DRAM(8Gb)価格は前年同月比36.5%、NAND型フラッシュメモリー(128Gb)は22.4%下落した。昨年下半期からグローバルIT企業の購買延期・在庫調整などによる価格下落の影響で半導体価格が落ちたとした。

関連記事

[ 2019年02月07日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp