韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のラーメン、激辛ブームで輸出が絶好調!今年は日本市場攻略へ

韓国のラーメン、激辛ブームで輸出が絶好調!今年は日本市場攻略へ

2019年2月6日、韓国・ニュース1は、昨年の輸出額が4億ドルを突破するなど、韓国のラーメンが世界で人気を博していると報じた。 記事は韓国貿易統計振興院の統計を紹介している。それによると、昨年のラーメンの輸出額は4億1300万ドル(約453億円)を記録し、昨年の3億8100万ドルに比べて8.4%増加したという。2017年に1億ドルを突破するなど圧倒的1位だった中国への輸出額は9300万ドルで9.6%減少したが、一方で米国と日本への輸出額はそれぞれ22.6%増の5035万ドル、24.6%増の3168万ドルだったという。この他にも、マレーシア、インドネシア、香港への輸出額が10~20%台の伸び率を記録するなど、アジア地域における人気が続いており、欧州市場の成長も目立つという。

業界では、ラーメン輸出が好調だった理由として「辛いラーメン人気」を挙げているという。中でも全体の輸出額のうち80%後半を占める三養(サムヤン)食品は激辛麺シリーズで人気を博しており、昨年1~9月の輸出実績は1550億ウォン(約151億6000万円)で、2017年に記録した2050億ウォンを難なく達成するとみられている。また、三養食品は今年初めには日本に現地法人の「三養ジャパン(SAMYANG JAPAN)」を設立。日本国内の激辛麺の需要増加に伴い、本格的な市場攻略に乗り出す予定という。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
一方、日本即席食品工業協会がまとめた2017年の即席麺出荷額総需要は5826億5300万円で、食数ベースでは56億6131万食。どちらも微増ではあったが、過去最高を更新している。全体をけん引するのはカップ麺。手軽さ、コストパフォーマンスの良さに加え、減塩や低糖質といった健康志向に応える商品開発が進む。また、食シーン提案も盛んに行う。2018年は世界初の即席麺「チキンラーメン」の誕生60周年であり、即席麺の60周年でもある。平均すると、誕生から毎年約100億円ペースで市場規模を伸ばしてきた。

即席めん類は輸出数量・金額ともに香港、米国、台湾の順に上位を占めている。香港と米国で全体の4割以上のシェア。香港は13年以降、輸出総量・金額ともに米国を引き離して首位を保っている。東京税関によると、2017年の「うどん、そうめん、そば」「即席めん類」の輸出数量・金額(全国)は、88年以降、過去最大になった。輸出数量はうどん、そうめん、そばが1万3759トン、即席めん類が9235トン。金額はそれぞれ42億円、58億円だった。

関連記事

[ 2019年02月09日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp