韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップルも成長限界か…スマホ長期保有がメーカーに与えた打撃

アップルも成長限界か…スマホ長期保有がメーカーに与えた打撃

スマートフォン市場の伸び悩みが鮮明になってきた。保有率が頭打ちのうえ、高価格化路線も限界。性能の大幅な向上も期待できない。ユーザーは1台の端末を長期保有する傾向にあり、買い替えサイクルは伸び続ける。米アップルは業績を下方修正するなど影響が顕在化しており、日本の携帯会社や電子部品メーカーも戦略の見直しを迫られる。

リンゴは腐りかけているのか―。1月2日にアップルが業績を下方修正し、「アップル・ショック」が世界に広がったことは記憶に新しい。下方修正はスマホ「iPhone(アイフォーン)」を2007年に発売以来初めてなだけに、成長の限界を指摘する声が大きくなっている。 同月29日に発表した18年10―12月期の売上高は843億ドル(約9兆2000億円)。前年同期比4・5%減で減収幅はここ10年で最大となった。主力のiPhoneの売上高は519億ドルで同14・9%減と、減速感は隠せない。

米中貿易摩擦を背景にした中国での販売不振に加え、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、「バッテリーを安価で効率的に交換することで、旧モデルのiPhoneをさらに長持ちさせることになった」と買い替えサイクルの長期化を原因として挙げる。

スポンサードリンク
スマホ全体の出荷台数も18年は前年比4・1%減の14億490万台と2年連続で前年を割り込み、スマホ市場は踊り場を迎えた。半導体メーカー関係者は、「アップルは価格が高い上に真新しさがない。生産計画は慎重に見ていた」と指摘する。
http://news.livedoor.com/

最近感じるのはタブレットが増加してきたことだ。まだまだ台数が少ないとはいえ、家で使用するにはスマホよりはタブレットが圧倒的に使いやすい。特に高齢化となる国々では、タブレットを使ってしまうと、スマホには戻れない。その分スマホは低価格で済むという方向となる。私は歌の趣味やら3Dゲームの趣味などで、タブレットを多用する。妻にタブレット使用を進めたところ、Amazonプライムなどの動画はタブレットに慣れるとスマホは使えないという。勿論スマホの使い勝手を含め、タブレットとの使い分けが明確になる。

今まではタブレットは中途半端な位置付けとなっていた。しかし高齢者にとっては孫との接点には、画面も大きくタブレットは、孫とのコミュニケーションツールとしても威力を発揮する。やはり見やすいという事が理由にある。このサイトの最近の動向を見てもタブレットが増加傾向にある。今までは中途半端な位置付けだったが、少しづつ認知されつつある様だ。

関連記事

[ 2019年02月09日 09:17 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp