韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、徴用工協議回答せず…日本は「対抗措置」へ

韓国、徴用工協議回答せず…日本は「対抗措置」へ

日本政府が、韓国への「対抗措置」に乗り出す可能性が高まってきた。いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決を受け、日本政府は日韓請求権・経済協力協定に基づき、韓国政府に政府間協議を求めてきたが、「従北・反日」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は回答期限(30日以内)の8日も意思を示さなかったのだ。

「韓国政府が協定違反の状態を是正する具体的な措置をとっておらず、極めて深刻だ」 菅義偉官房長官は8日の記者会見で、韓国側の対応を重ねて批判した。 回答期限を前に、韓国政府は「諸般の要素を考慮し綿密に検討する」(韓国外務省報道官)と、従来の姿勢を繰り返してきた。だが、同省関係者は「韓国政府としては期限にこだわらない方針だ」とも語っており、日本側の要請に応じる気などサラサラないようだ。

今後、第三国の委員を含む仲裁委員会を設置し、同委員会の決定を仰ぐ可能性があるが、韓国側が応じる可能性は低い。日本側は国際司法裁判所(ICJ)への提訴も念頭に入れているが、韓国がICJからの管轄権を受け入れず、提訴に応じない可能性は高い。

スポンサードリンク
韓国側が、日本の要請を無視して、日本企業に実害が出る事態になれば、安倍晋三政権は粛々と「対抗措置」を取る構えだ。具体的には、「韓国からの輸入品に対する関税引き上げ」や、「韓国人の入国ビザの厳格化」「貿易保険の適用から韓国を外すなど輸出規制」「日本からの部品・素材提供の停止」など複数の案が予想されている。
http://www.zakzak.co.jp/

日本の各メディアは、協定に基づく2国間協議を申し入れた日本に対し、8日の段階でも韓国が回答してこなかったため。ただ、仲裁委の設置を求めても韓国側が応じる見通しは立っておらず、解決への道のりは遠いと報じている。政府関係者によると、30日以内の回答を求めていた。しかし、韓国政府は事実上これを黙殺しており、日本側は今後も受け入れる可能性は低いと判断している。菅義偉官房長官は8日の記者会見で、「現在に至るまで韓国政府が協定違反の状態を是正する具体的措置を取っていないのは極めて深刻だ」とした。予想通りの行動だ。一連の流れを受けて、韓国無視と制裁がじわりじわりと実施されるのでは…。すでにフッ化水素は昨年度から制限している。韓国側はタイミングを失った以上、知らん顔を続けるだろう。

関連記事

[ 2019年02月09日 18:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp