韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪から1年、江陵は観光客増、平昌は五輪時よりも36万人減

平昌五輪から1年、江陵は観光客増、平昌は五輪時よりも36万人減

平昌五輪以降、江陵は夏の行楽地という名声以外に「五輪観光地」という新しい付加価値を得た。1月31日午前、江陵駅前にはスマホを片手に持った若者たちが平昌五輪のマスコットであるスホランとバンダビ、五輪旗の造形物などを背景に写真を撮る姿が目立った。SNS(会員制交流サイト)などを通じてうわさが広がった市内の「おいしい店」と浜辺のカフェ通りは、平日にもかかわらず観光客たちでごった返した。

江陵を訪れた観光客は、2017年の1530万人から18年には1925万人と約395万人も増えた。江陵にはKTX(高速鉄道)が開通し、ソウルと1時間ちょっとで結ばれるようになった恩恵は大きい。昨年KTXの江陵線の利用客は、1日平均1万2000人だった。宿泊業者は2016年と比べて約200カ所、客室数では3149室が増えた。昨年11月末現在で江原嶺東地域の雇用保険に加入した勤労者数は宿泊・飲食店業やサービス業だけでも前年比で約6万9000人増加した。

しかし、平昌は五輪以前とほとんど変わっていない。五輪後に撤去された五輪プラザの敷地前でスケトウダラの専門店を運営するキム・ボムジュンさん(57)は「五輪の現場を一目見ようと訪れたお客さんたちが『こんな所に来ようと言ったのは誰か』と互いにけんかするのをよく見掛ける」と話す。

スポンサードリンク
五輪の聖火台を除いては1年前の雰囲気を感じさせる空間や施設がほとんど存在していないためだ。キムさんは「うちはもともと床に座って食べる飲食店だったが、五輪を前に食卓と椅子を購入し、修理のために大金を継ぎ込んだ。しかし、大会期間中にも特需はなかった」とした上で「今は不景気で地域のスキー場を訪れる人が減り、例年よりも商売は上がったり」と肩を落とす。 2017年に1044万人だった平昌郡への観光客は、18年に1008万人と36万人も減少した。
http://www.chosunonline.com/

冬季オリンピック終了後に何に活用するのかは十分議論しないまま終了した。結果は税金の無駄使いに終わり、結果記事にある様に荒れ果てた場所だけが残った。もっとも予想はしていたが…。その後の活用がなく赤字となることで、削減したメイン会場を含め当時の面影はない。普通は観光名称が増えて、観光業が栄えるわけで、そうならないのが今の韓国である。結局実施しないほうが良かったという言葉だけが残るのでは、困った問題である。

関連記事

[ 2019年02月10日 18:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp