韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国会議長 日本の抗議に「謝る事案ではない」

韓国国会議長 日本の抗議に「謝る事案ではない」

韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長は12日(米東部時間)に米ワシントンで開かれた特派員懇談会で、旧日本軍の慰安婦問題で「天皇の謝罪が必要」という同氏の発言を受けて日本政府が謝罪と発言の撤回を求めていることに対し「謝る事案ではない」と一蹴した。

文氏は「私が言った言葉は普段からの持論で、10年前から話してきたことだ」としながら「根本的な解決方法に関しては今もそのように考える」と説明した。 また、慰安婦問題において最も基本的なことは心からの謝罪だとし、「真摯(しんし)な謝罪の一言で終わることをなぜこんなに長い間ひきずるのかということに私の言葉の本質がある」と述べ、官房長官や首相まで出てくるのは到底理解できないと批判した。

文氏は「(先月末に死去した慰安婦被害者の)金福童(キム・ボクドン)さんが望んだのは、日本を象徴する最高の人物である安倍(晋三)首相が謝罪のはがき1枚でも送ってほしいということだった」とし、金さんが亡くなった際に弔花を送ったり、存命の被害者の手を握って謝罪したりしていれば問題の本質は全て解消していたと強調した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
韓国の文喜相国会議長は「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」とした自身の発言に、安倍晋三首相らが抗議していることに対し「到底理解できない。謝る事案ではない」と述べ、日本から求められた謝罪と発言撤回を拒否した。一方、日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相は13日、ソウルで李洛淵首相と会談。関係筋によると、額賀氏は文氏の発言について抗議し反省を促したが、李氏は見解を示さなかった。

今の韓国に何を語っても、日本に対しての敵対心は変わらない。ここまでくると、日本が謝罪や撤回を求めても無理。タイミングを失っているわけで、文大統領とともに暴走が加速するだけである。日本が韓国無視すれば文句言を言い、何をしても言いたい放題となる。日本政府はもっと怒ってもよいだろう。制裁云々を語るだけでなく、早々に実施することである。日本は韓国をもっと懲らしめるべきで、過去の日本政府が甘い対応をしてきたツケともいえる。

関連記事

[ 2019年02月14日 09:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
こいつは前座
官房長官で済む事案に安倍首相が出たのは、
「低い椅子に座らされた」一件をメンテしたつもりだろう。
この文喜相国会議長は「前座」の役割、文在寅はどうでるのか。
[ 2019/02/14 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp