韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮、密かに核兵器増産か 米専門家が報告書発表

北朝鮮、密かに核兵器増産か 米専門家が報告書発表

北朝鮮が国際社会をあざむき、核開発を続けている実態がまた、あらわになった。北朝鮮を監視する米専門家が核兵器を増産している新たな証拠を突き止め、報告書を発表したと13日、NHKなどが報じたのだ。北朝鮮の非核化について協議する2回目の米朝首脳会談を今月末に控え、対北強硬論が再燃しそうだ。

「ロスアラモス研究所」のジークフリート・ヘッカー元所長らが11日に出した衝撃の報告によると、北朝鮮は昨年初めまでに同国北西部、寧辺(ニョンビョン)の原子炉を稼働させ、これまでに使用済み核燃料から核兵器の材料となるプルトニウム5~8キロの採取に成功した。高濃縮ウランも新たに150キロ製造した可能性も高いことが判明した。その結果、北朝鮮の核兵器は従来の30発から最大35~37発程度に増えたとみられるという。

CNNは、米上院軍事委員会公聴会に出席した在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官の言葉を伝えた。北朝鮮の軍事力に関し「検証可能な変化はほとんど、あるいは全くない」と発言したという。北朝鮮軍が従来通りの規模で軍事演習できる能力を持ち続けることに、懸念を示したものとみられる。
http://www.zakzak.co.jp/

スポンサードリンク
アメリカの専門家が、北朝鮮が核兵器5発から7発分に相当する核物質を、去年、新たに生産した可能性があるという報告書を発表した。報告書では、衛星写真の分析などから、北朝鮮が去年初めまでニョンビョンにある原子炉を稼働させ、使用済み核燃料から核兵器の材料に利用できるプルトニウム、5キロから8キロを取り出したとみられると指摘する。高濃縮ウランについても新たに150キロを製造した可能性が高いとし、北朝鮮が新たに生産した核物質は去年だけで核兵器5発から7発分に上るとしている。北朝鮮の核兵器がこれまでの30発程度から最大で35から37発ほどに増えた可能性があると指摘している。

問題は韓国側は、このことを知っているだけでなく、手助けしている事実まで発覚すれば、トランプは怒りだすだろう。そもそも気が変わるトランプ相手に核放棄はあり得ないわけで、互いに政治パフォーマンスの実施に過ぎないと考えれば、何とも厄介な行為と言える。トランプは自身の政治活動における結果出しであり、金正恩は自国民への統制を強める動きでしかないとすれば、日本の脅威は低下しているとは言い難い。何も変わっていないわけで挙句に核が増えているならなおさらである。

関連記事

[ 2019年02月14日 16:11 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp