韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国最大の経済学術大会で猛批判にさらされた文政権の経済政策

韓国最大の経済学術大会で猛批判にさらされた文政権の経済政策

経済学者約1500人が出席する韓国最大の経済学術大会で文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策の柱である「所得主導成長」に対し、強い批判の声が上がった。文在寅政権発足以前の4年と発足後1年の国内総生産(GDP)、投資、雇用の伸びを比較した結果、むしろ指標が後退したためだ。賃金を引き上げて消費を刺激し、消費増加がさらに所得を増やすプラスの循環を期待した所得主導成長は効果が表れていない格好だ。

西江大経済学部のイ・ユンス教授、チェ・イン教授は14日、韓国経済学会の主管で成均館大で開かれた「2019年経済学共同学術大会」の第1次全体会議で、「新政府のマクロ経済効果の実証評価」という論文を発表した。所得主導成長を実証的に分析した結果が主要学会で発表されたのは初めてだ。

イ教授は「所得主導成長は賃金が上昇しても、投資、雇用、生産性が低下しなければ、効果があると言えるが、データ分析をしたところ、主要指標の伸びが鈍化していた」と指摘した。イ教授らは文在寅政権の発足前(2013年第1四半期-17年第2四半期)と発足後(17年第3四半期-18年第3四半期)の経済指標を比較分析した。その結果、現政権発足後、GDP成長率は0.13ポイント、投資伸び率は5・14ポイント、雇用伸び率は2.07ポイントそれぞれ低下した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
2019-02-16-k001.jpg

2015年一人当たりGNIは、約2万7,450ドルで世界28位。(日本の約2/3。日本の1990年に相当) 昨年及び今年と、文政権下での目標年間3万ドル達成で、現実は喜んではいられない。韓国経済において、一部の人しか恩恵はない。財閥企業が海外で利益を上げた結果でもある。特には半導体が寄与したわけで、サムスンやSKハイニックスが恩恵を受ける構図だ、だが中小企業雇用率9割近い国では日本よりはるかに中小企業までの恩恵はない。 しかも自国経済は低迷であるから、この状態で所得主導で最低賃金を上げれば、零細企業を直撃する。零細企業は全産業で10%もの売り上げを達成し、営業利益は全産業でトップを維持しているだけに、この構図が崩れれば5人以下の零細企業では、大きく営業利益を落とす結果となり、倒産数も増加する。

関連記事

[ 2019年02月16日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp