韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の独立運動100周年、文大統領の対日メッセージのテーマは?

韓国の独立運動100周年、文大統領の対日メッセージのテーマは?

2019年2月14日、韓国・聯合ニュースTVは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の三一節(独立運動記念日)のキーワードは「北東アジアの未来」だとし、「日韓の対立も解消されるだろうか」と伝えた。

韓国大統領府では同日、来月1日に100周年を迎える三一節で文大統領が発表するメッセージについて考える初の実務会議が開かれた。記事によると、今回は「過去」より「未来」を強調する方向で進められている。また、文大統領は対立が深まる日本との関係についても立場を示す方針だ。大統領府関係者は「文大統領は北東アジアの新たな未来に日本も参加しなければならないという未来志向的なメッセージを送る予定」と話したという。

記事は「2月末に開かれる米朝首脳会談の結果により北東アジアに平和体制が定着したら、日本も積極的に協力しなければならないという話」と説明している。文大統領はこれまで「朝鮮半島平和のプロセスにおいて日本の役割が必要であるため、ツートラック(歴史問題と他の分野を分けて考える)で協力関係を維持するべき」との考えを示してきた。

スポンサードリンク
日韓が対立する徴用工問題やレーダー問題などについての直接的な言及は避けるものとみられている。大統領府関係者は「日本を直接的に批判することはない」とし、「日韓の政治家が対立を悪化させる状況を避けるため」と説明したという。 最後に記事は「過去の問題により未来志向的な関係が妨げられてはならないという大乗的なメッセージに日本がどう反応するか注目される」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

今の韓国は反日しているほどの余裕はない。文在寅大統領の三一節(独立運動記念日)のキーワードは「北東アジアの未来」だとし、「日韓の対立も解消されるだろうか」と伝えたというが、自国経済を低迷させた大統領である。挙句に日本への度重なる敵対行為を実施しながら、今なお反日態度を崩さない。今年は韓国にとって非常に危険な年になることを理解していない。文氏自身で最低賃金施行でとどめ打ちを実施し、家族は海外に、文氏は北を向いたままでは、何を解決する事もない。いま世界で最も嫌われる国が韓国となる。北朝鮮でさえ日本と対話をすれば、 態度を変えるだろう。結局孤立するのは韓国となる。

関連記事

[ 2019年02月17日 08:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp