韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  2018年の中国人海外旅行者数は延べ約1億5000万人に

2018年の中国人海外旅行者数は延べ約1億5000万人に

中国国家文化・観光部は13日、中国の観光市場は2018年も急成長を維持し、インバウンド市場は穏やかな回復段階に入り、アウトバウンド市場も着実な発展を遂げたことを明らかにした。2018年、海外旅行に出かけた中国人は延べ1億4972万人に上り、前年比14.7%増加した。新華社が伝えた。

統計データによると、2018年の国内観光客数は前年比10.8%増の延べ55億3900万人、中国を訪れた外国人観光客の総数は同7.8%増の延べ2億9100万人だった。年間の観光総収入は同10.5%増の5兆9700億元(約95兆5200億円)にそれぞれ達した。初歩推計によると、同年、中国のGDP総額に対する全国観光業の寄与額は計9兆9400億元、GDP総額の11.04%を占めた。観光業における直接就職者数は2826万人、間接就職者数は7991万人、全国の総就職人口の10.29%を占めた。

2018年、海外から中国を訪れた観光客数は延べ1億4120万人、前年比1.2%増加した。外国人観光客のうち、アジア人は全体の76.3%を占め、観光・レジャーを目的とした外国人観光客は33.5%に上った。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
一方今年の韓国では、春節(旧正月)の期間中、海外旅行に出かけた中国人観光客は約700万人にも上ったのにソウル市内では中国人客の姿はまばらだった、中央日報が報じている。同紙は「中国が『限韓令(韓国への団体観光禁止令)』を解除したのは本当なのか」と嘆く土産物店員の悲鳴が聞こえる。

中国最大のオンライン旅行会社シートリップによると、今年の春節連休中に海外旅行を楽しんだ中国人は昨年の春節に比べて8%ほど増えた。ところが韓国は2年連続で人気旅行地「トップ10」から外れた。日本が1位を占め、タイ、シンガポール、米国、マレーシアなどが続いたが、最も近い旅行地が冷遇された格好だ。中央日報によると、7〜10日の間、これまで春節特需を享受してきた代表的な商業圏であるソウル・明洞の化粧品、衣料品店、両替所、飲食店など30カ所で聞いたところ、26カ所が「春節特需はなかった」と回答している。

30カ所中21カ所が昨年の春節より中国人観光客が「減った」または「非常に減った」と答え、「ほぼ同じ」は6カ所、残り3カ所は「単純比較は難しい」だったという。 韓国にとっては中国人観光客に今年も期待できないとの声が超える。

関連記事

[ 2019年02月18日 08:33 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp