韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国銀行総裁「製造業競争力の向上は韓国経済の生存問題」

韓国銀行総裁「製造業競争力の向上は韓国経済の生存問題」

自動車や造船など主力産業の不振に懸念の声が高まる中で、韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が「製造業競争力の向上が韓国経済の生存問題」と危機感をにじませた。 19日、ソウル中区(チュング)韓国銀行本館で開かれた経済動向懇談会で、李総裁は産業界の関係者と会い、「製造業をめぐる競争環境がますます熾烈化している」とし「このような環境の変化が韓国に友好的とみるのは難しいが、適切な対応戦略を通じて韓国製造業が再飛躍する機会として活用しなければならない」と強調した。

李総裁は「製造業に裏打ちされていない持続可能な成長を担保することはできない。製造業の競争力を向上させていくことはすでに韓国経済の生存問題だと言っても過言ではないだろう」と述べた。 李総裁の指摘に対して出席者は「鉄鋼やディスプレイなど韓国の主力産業で、中国企業の競争力強化が大きな負担になっている」という意見を明らかにした。 この日の懇談会には韓国ディスプレイ産業協会の徐光鉉(ソ・グァンヒョン)常勤副会長、韓国機械産業振興会の崔炯基(チェ・ヒョンギ)常勤副会長、韓国石油化学協会の林承允(イム・スンユン)常勤副会長、韓国自動車産業協会のキム・テニョン専務、ポスコ経営研究院の張允鍾(チャン・ユンジョン)院長、SK経済経営研究所の廉庸燮(ヨム・ヨンソプ)所長ら国内の主力産業を代表する関係者の面々が参加した。

スポンサードリンク
製造業の環境変化に関する議論も続いた。李総裁は「最近、製造業分野に新たに登場しているスマートファクトリー、情報技術(IT)融合、グローバルバリューチェーン、リショアリングなど用語は製造業とその周辺環境の構造的変化が多方面で進行していることを示唆する」と指摘した。 業種間の壁が崩れている状況にも言及した。李総裁は「製造業内の業種間、そして製造業とサービス業間の伝統的な境界が崩れている」とし「これに伴い、製造業者は同種企業だけでなく過去には競争関係ではなかったその他業種もしくはサービス業経営企業とも新たに競争することになった」と説明した。
https://japanese.joins.com/

日本の大手企業の場合は、例えば中国依存度などの危機管理として、20年以上前から分散を始めていたわけで、更に何よりも技術限界点というのは、大手企業であれば必ず次産業を意識して平行に開発を進めている。企業による規模の大きさも能力もマーケティングも様々だが、主力産業以外のロードマップをしっかり構築している企業ほど当然次期産業開発力は強い。消えゆく産業にいつまでもしがみつくことなく、新たな事業に既存事業をプラスするなどして、新産業への移行タイムラグをスムーズに展開することもある。

従って気が付いてからでは遅い。予測して動くだけに、新産業或いは新事業は社長直下のプロジェクトで構成する。一つではなく複数ある事が望ましいわけで、進め方は企業により様々となる。成功のカギは予測のために構成するマーケティング手法が主となる。場合によっては同時に関連研究していた研究部門と組織合流することもある。特に専門教育取得や自己啓発・アイデアだしと問題解決力も同時に身に着けることになる。

関連記事

[ 2019年02月19日 18:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp