韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  中国軍艦が日本海航行、日本は異例の「はやぶさ型ミサイル艇」出動

中国軍艦が日本海航行、日本は異例の「はやぶさ型ミサイル艇」出動

2019年2月18日、新浪軍事は、対馬海峡を航行する中国軍艦を追跡する海上自衛隊の艦艇に、通常とは異なる珍しいミサイル艇が使用されたと報じた。

記事は、防衛省の統合幕僚監部が17日に発表した情報として、2月15日午後7時ごろに中国のミサイル駆逐艦「烏魯木齊」(ペナントナンバー118)、ミサイル護衛艦「臨沂」(同547)、ミサイル護衛艦「日照」(同598)が福江島の北西約100キロメートルの海域を北東進するのを、海上自衛隊第3ミサイル艇隊所属「しらたか」と第13護衛隊所属「さわぎり」が確認したと伝えた。 そのうえで「日本海で『さわぎり』を派遣するのは通常のことだが、今回狭い海域の対馬海峡だったことから、海上自衛隊は珍しく排水量わずか240トンの『はやぶさ』型ミサイル艇の6号艇である『しらたか』をよこした」と指摘した。

そして、「はやぶさ」型ミサイル艇は2002~04年に建造され、90年代に建造された3隻の1号型ミサイル艇の後継であると説明。排水量わずか60トンの1号型に比べて大幅に排水量が増加したほか、搭載する火器も62口径76ミリ単装砲と、90式艦対艦誘導弾連装発射筒2基、さらに12.7mm重機関銃M2用の銃架2基と1号型よりもさらに実用的になっていると解説している。

スポンサードリンク
また、「はやぶさ」型が誕生した背景には1990年代から2001年までに日本近海で「不審船」事件が頻発したことがある指摘。「民間用の漁船に成りすましたすばしっこい工作船に対し、当時の海上自衛隊の護衛艦では対応しきれなかったため、1隻あたり90億円を投じて6隻の『はやぶさ』型ミサイル艇を購入した」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-02-20-k001.jpg

はやぶさ型ミサイル艇は、海上自衛隊のミサイル艇の艦級。平成11年度計画から平成13年度計画にかけて計6隻が建造され、建造費は1隻あたり94億円となる。 一方のしらたかは、海上自衛隊のミサイル艇。はやぶさ型ミサイル艇の6番艇。艇名は「白鷹」に由来する。水雷艇「白鷹」、敷設艦(急設網艦)「白鷹」に次いで日本の艦艇としては3代目となる。「しらたか」は、平成13年度計画ミサイル艇829号艇として、三菱重工業下関造船所で2002年10月4日に起工され、2003年8月8日に進水、2004年3月24日に就役し、佐世保地方隊隷下の佐世保警備隊第3ミサイル艇隊に編入された。

関連記事

[ 2019年02月20日 08:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp