韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国団体、日本総領事館前への徴用工像設置を再推進

韓国団体、日本総領事館前への徴用工像設置を再推進

韓国・聯合ニュースによると、三一節(独立運動記念日)に合わせ、釜山の日本総領事館前に徴用工像の設置が進められている。

韓国の積弊清算・社会大改革釜山運動本部は21日、3月1日午前10時に釜山東区の鄭撥(チョンバル)将軍銅像前で「強制徴用労働者像と共にする3・1運動100周年釜山市民大会」を開くと発表した。関係者からは具体的な計画は明らかにされていないが、昨年実現しなかった徴用工像設置を再推進するものとみられているという。

当該会場は日本総領事館から約100メートル離れたところにある。主催側は行進も予告しており、現地警察は現場付近に警察官を配備する計画だという。 なお、同本部は昨年5月1日のメーデーに、日本総領事館前の慰安婦像「平和の少女像」の隣に徴用工像の設置を試みたが、警察が制止し実現には至らなかった。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革釜山運動本部」は21日、日本総領事館前で三・一運動100周年釜山市民大会に備えた記者会見を開いたという。そして彼らは「3月1日午後3時、日本総領事館から100メートルほど離れた場所で三・一運動100周年釜山市民大会を開催する」と明らかにしている。さらに「当日は釜山市民の力を集めて作った強制徴用された労働者像も持ち込まれる予定」とした。

韓国人と言うのは事あるごとに、慰安婦像をバスに乗せたり、何とも異常な行動を実施する。よほど暇な連中ともいえるのだが、子供より始末が悪い。これでは政治はおろか司法を含め、何を実施しても韓国の大人社会は、他国から嫌われるだけとなる。

関連記事

[ 2019年02月22日 11:16 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp