韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国のスマート製造技術、米国に3.1年、日本に1.6年、韓国に0.6年後れる

中国のスマート製造技術、米国に3.1年、日本に1.6年、韓国に0.6年後れる

2019年2月21日、中国メディアの新浪財経に、中国のスマート製造技術は米国、日本、韓国にそれぞれ3.1年、1.6年、0.6年後れを取っているとする分析結果が発表されたことを伝える記事が掲載された。 記事によると、韓国産業通商資源部は20日、「韓国のスマート製造技術は、米国に比べて2.5年後れを取り、中国に比べて0.6年先を進んでいる」とする分析結果を発表した。

スマート製造技術とは「すべての製造過程をデジタル技術で接続し、知能化して、現場の問題を解決し、新たな市場の要求に素早く対応するために役立つ未来の製造技術」を指すという。 韓国産業通商資源部は、スマート製造技術を7つの分野・25の詳細な技術に分け、専門家の調査や論文、特許の分析などを通じ、米国、ドイツ、日本、欧州連合(EU)、韓国、中国の主要6カ国の技術水準を総合評価した。

分析結果によると、米国に比べてドイツは0.4年、日本は1.5年、韓国は2.5年、中国は3.1年後れを取っていることが分かった。7大分野のうち「制御システム」はドイツが、残りの分野は米国が首位だったという。 記事は「中国は、産業政策『中国製造2025』の下、スマート製造技術での米国との格差はわずか3.1年にすぎない」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
スマート工場とは、高度なファクトリーオートメーション(工場自動化)を実現した上で、工場内の機器や設備を相互にネットワーク(インターネット)で接続し、IoT (Internet of Things:設備と設備、設備と人をネットワークで接続する) 化することで生産革新を実現する工場。このような生産システムの構築で産業・製造業の再躍進を図るとして、ドイツでは政府が主導する「Industry 4.0」(インダストリー4.0)などの取り組みが、米国では「Industrial Internet」などの取り組みが進められている。

インダストリー4.0とは、ドイツが政府主導で進めているIoTを活用した製造業振興策のことで、日本では第4次産業革命とも言われている。第4次産業革命は「21世紀のIoTによる製造業の革命」という訳です。すなわち、100年単位で起こる産業の大きな変革の波が訪れようとしている。日本でも経済産業省が2015年8月より、第4次産業革命に対応するための「新産業構造ビジョン」の策定に向けて検討を進めています。この第4次産業革命に対応した工場のことをスマート工場(賢い工場)と言う。

スマート工場の特徴の一つは、どのような顧客の要求にも応じるカスタマイズ性にある。今までの工場では、いくつかのバリエーションはあるものの、標準品の大量生産が当たり前でした。顧客は自分の好みにぴったりの商品を選ぶのではなく、数ある標準品の中から自分の好みに一番近い商品を仕方なく選んで買っていた。または、自分の好みにぴったりの商品を買おうとすれば、ある程度の量をコミットする必要があった。

スマート工場では顧客が望むものを必要な数だけ、たとえばTシャツ1枚、ズボン1本でも注文に応じて自分ぴったりの商品が生産できるようになる。世界のどこにもない自分だけのバイク、車、服、靴などが誰でも手に入れられるようになる。注文から製造、発送までのバリューチェーンを極力自動化するによって、人の介在を最小限に減らすことで可能になる。

関連記事

[ 2019年02月23日 08:54 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp