韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米中日の挟み撃ちに遭う韓国半導体業界

米中日の挟み撃ちに遭う韓国半導体業界

輸出の20%を占め、韓国経済唯一の成長エンジンとしての役割を果たしている半導体産業に逆風が吹いている。超好況が終わりを告げ、低迷局面に入ったことに加え、米中日がそれぞれ韓国の半導体業界による「覇権」をけん制しているからだ。米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は2月14日、米中の貿易交渉の過程で、中国が今後6年間に2000億ドル相当の半導体を輸入すると提案したと報じた。米国が中国に現在輸出している規模の3倍を超える。この影響で15日の韓国株式市場ではサムスン電子、SKハイニックスの株価がそれぞれ3.1%、4.7%下落した。

中国の半導体輸入は2017年が2601億ドルで、18年は2990億ドルを記録したとみられる。世界の半導体市場の半分以上を占める。中国が人為的に輸入先を米国に割り当てれば、それだけ韓国の半導体輸出が減ることになる。半導体業界からは「米国が中国に圧力をかけ、世界の半導体市場で盟主の座を取り戻そうとしているのではないか」との声が漏れる。2010年代初めまで米インテルは世界の半導体業界で首位だった。クアルコムは3位、テキサス・インスツルメンツは4位だった。しかし、当時2位だったサムスン電子はメモリー半導体の超好況を追い風として、17年と18年に世界首位に立った。SKハイニックスも昨年3位に浮上した。

スポンサードリンク
最近の韓日関係悪化で、日本の政権与党である自民党からは半導体製造プロセスで重要な物質であるフッ化水素の韓国への輸出を禁止しようという動きがある。半導体用のフッ化水素市場は日本メーカーが事実上独占している。サムスン電子、SKハイニックスも大半を日本から輸入している。 中国による半導体産業の崛起(くっき)も脅威だ。中国の長江存儲科技(YMTC)は40兆ウォン(約3兆9200億円)以上を投資し、昨年後半からメモリー半導体の生産を開始した。
http://www.chosunonline.com/

米中日の挟み撃ちに遭う韓国半導体業界というが、革新的技術を持つ企業にたいして、製造と言う部分で技術が限界点に近づくほどに他企業が追い付いてくるわけで、結果利益分散が始まる。従って製造技術で追いつき始めた中国半導体は、大量生産に低価格の実現を武器に、韓国半導体シェアに参入し、中国半導体シェアを高めてゆく。結果韓国は投資を実施し、工場規模を広げ、競争激化となるにしたがって、設備企業は好調となる一方で、半導体製造の競争は激化し価格競争となり、市場の在庫増でさらに価格は低下する。

また半導体用のフッ化水素市場は日本メーカーが事実上独占しているが、現実はその材料は蛍石で中国産となる。また中国に日本企業が合弁会社を設立してフッ化水素を製造しているわけで、その技術は中国も得ているとの情報もあり、一部中国からフッ化水素を韓国が輸入しているとも言われる。日本がフッ化水素輸出制限を実施しても限定的という事になる。韓国企業はすでに中国からの輸入にフッ化水素を切り替えつつあるとの情報もある。フッ化水素についてはこちら記事を参考にしてください。

関連記事

[ 2019年02月23日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
指名買い
ということは、中国市場では国の指導でマイクロンの
指名買いをさせるのか、サムスンは増設した西安工場の
増産分がそろそろ出てくる。これは買いたたかれるだろう。
[ 2019/02/23 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp