韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国は世界の最重要自動運転車市場の一つになる

中国は世界の最重要自動運転車市場の一つになる

最新の研究報告によると、中国の電気自動車市場は今年、世界シェアが4位になり、前年の11位から7位上昇した。さまざまな新規定と全国に拡大して行われている自動運転テストが市場の発展を後押ししたという。中国は世界で最も重要な自動運転車市場の一つになる見込みだ。中国新聞社が伝えた。

世界的プロフェッショナルファームのKPMGが14日に発表した年度報告「自動運転車成熟度指数報告」は、各国の自動運転技術の準備状況や開放姿勢を紹介しており、中国はノルウェー、スウェーデン、オランダに続く4位に位置づけられた。 KPMGの中国自動車産業パートナーの陳友合(チェン・ヨウホー)さんは、「中国の特定の道路や都市道路、高速道路にはこれから徐々に自動運転車が登場する。『簡単な道路状況での自動運転』から『複雑な道路状況での自動運転』へと安定的に発展することへの信頼感が高まるとみられる」と話す。

陳さんによると、「中国はさまざまな新規定を打ち出し、全国に拡大して自動運転テストが行われ、これが市場の発展を後押しした。市場規模の巨大さと5Gなどの新技術の後押しもあり、中国は世界的に重要な自動運転車市場になることが期待される」という。

スポンサードリンク
中国の電気自動車充電ステーションの数は、オランダ、ノルウェー、韓国に続く世界4位だ。昨年は充電インフラ設備が2倍になり、充電ステーションが100キロメートルあたり2.5カ所から5.7カ所に増えた。 中国政府が出資する自動運転車テストの規模は世界5位で、前年の16位から大幅に上昇した。また、中国のネット配車の規模は世界一だ。 業界の専門家は、「自動運転からネット配車まで、中国の自動車科学技術は引き続きベンチャー投資家の注目を集めている。彼らは電気自動車、バッテリー、充電インフラといった競争力が高く、新しい選択肢に強い関心を寄せている」と指摘する。
https://www.recordchina.co.jp/

中国における自動運転車の台数は、2040年には1350万台に達する予測が2018年9月12日に上海で開催された自動車フォーラムで発表された。中国における2017年の新車販売台数は2887万台。仮にこのままのペースで行けば、2040年には中国国内で売れる車両の半分が自動運転車となることになる。自動車フォーラムでは米コンサルティング大手のマッキンゼー&カンパニーの担当者が、自動運転車の年間販売台数については、2030年には800万台、2040年には1350万台になると予想。金額ベースでは、2030年には2300億ドル(約25兆円)、2040年には3600億ドル(約40兆円)の市場になると伝えている。

中国は自動運転車開発のために様々な政策を実行しており、上海や北京などの全国の主要都市に自動運転デモ用の専用路線を設置して実証実験を奨励している。普及・実用化に向けた政府の専門委員会も組織体制つくりを終えている、また中国の消費者の半分近い49%が自動運転車が非常に重要であると考えており、アメリカの16%よりも高い数字を示している。しかし一方で、大都市の大渋滞を解消しない事には難しいともいえる。中国と言う大国で実施される規模は世界の自動車市場に常に影響を与えるわけで、自動運転市場を開拓するには、特に大都市の大渋滞を改善する対応策と実施を含め、行動しないと自動運転を市場でとらえるのは難しい。

関連記事

[ 2019年02月23日 12:21 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp