韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、昨年末の家計負債1535兆ウォン

韓国、昨年末の家計負債1535兆ウォン

韓国銀行(韓銀)が集計した昨年末の国内の家計負債総額は、前年同期比83兆8000億ウォン(5.9%)増の1535兆ウォン(約151兆円)で、過去最高だった。

ただ、増加率は2014年4-6月期(5.7%)以来最も低かった。

増加率は2017年7-9月期から1けたを維持している。年間増加額が100兆ウォンを下回ったのも2014年(66兆2000億ウォン)以来初めて。

家計負債とは個人が金融機関から借りた資金(個人向け貸し出し)とクレジットカード使用金額(販売信用)の合計。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
日本は家計が保有する金融資産は1829兆円という巨額に達し、家計資産のおよそ53%が現金・預金で、29%が保険・年金・定期保証で占められており、株式と投資信託を合計しても全体の15%、投資信託に至っては4%に過ぎない。家計総金融資産に占める現預金の比率が50%を下回ったのは、2005年12月から2007年9月までの、わずか2年間のみ。また特徴として、「日本の家計はカネを借りない」、という事だろうか。

家計が借りているカネの額は、金融資産の額と比べて僅少。2018年3月末時点において、家計の負債は317兆5501億円であり、うち銀行や公的金融機関からの借入金が300兆3309億円で、さらに住宅ローンは公的・民間を合わせて200兆円規模となる。借入金のうち「住宅ローン」(民間・公的)が金融負債全体の65%を占めており、消費者信用は11%。さらに、クレジットカード債務は金融負債全体の5%程度でしかない。

韓国の場合は、家計債務は記事と違うのだが、昨年3月で1700兆ウォンを超えていると言われる。約171兆円であり、日本円に換算すれば、日本の家計債務(318兆円)の半分以上を占める。韓国経済は利上げをすれば、金利負担で家計債務は大混乱に陥る。韓国銀行が利上げを行えば、市中銀行の貸出金利も上昇し、家計としては収益力が追い付かない。借金を返そうにも返せないという悪循環に陥る。その結果、家計債務は返済能力を超えてしまう。

関連記事

[ 2019年02月24日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
家計負債1535兆ウォンの水面下は?
1年間の家計負債の増加率が低かったと中央日報が述べていますが、
あの不景気、失業状況(また何かで見たのだけど、所得の下位層2割の所得が昨年は月に5万弱,年金は4万弱)
これは、正規の金融機関から借りれなくなって表面上の増加率が押さえられただけで、裏側で凄いことになっているのでは?と思っています。
日本のバブル崩壊のときも裏の社会が相当動きました。土地、建物が二重、三重の担保になって壮絶な取り合いで動かなくなるケースも多かったようです。
[ 2019/02/25 03:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp