韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本メディア「自衛隊10月の観艦式、韓国の招待は保留、中国は招待」

日本メディア「自衛隊10月の観艦式、韓国の招待は保留、中国は招待」

日本防衛省が今年10月に開催する海上自衛隊の観艦式を控え、韓国海軍の招待を保留していると産経新聞が25日、報道した。 レーダー照準問題をはじめ、両国防衛当局間の葛藤のためだと同紙は複数の政府関係者を引用して報道した。

同紙は「3年に1度のペースで開かれ、多数の海自艦艇や航空機が参加する」とし「友好国の海軍艦艇も『祝賀航行部隊』として招待する」と伝えた。 2015年に開かれた観艦式にも、米国とオーストラリア、インド、フランスの他に韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」が参加した。 だが、この報道によると、今年10月観艦式に関しては、日本防衛省が米国とオーストラリア、インド、シンガポールはもちろん、中国にまで(参加)の案内をしたが、韓国に対してはまだ招請を保留しているということだ。

同紙は「韓国がレーダー照射問題で前向きな対応をとれば招待することは可能だが、今の状況が続くようでは難しい」とする防衛省幹部の話を伝えた。 また「観艦式は首相も出席する海自の一大イベントだ。レーダー照射問題を棚上げにして韓国海軍を呼べば、日本が許したとの誤ったメッセージを送ってしまう。韓国が事実を認め、謝罪しない限り招待はあり得ない」という自民党議員の発言もあわせて伝えた。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
今年秋に行われる海上自衛隊の観艦式について、防衛省が韓国海軍の招待を保留した。韓国海軍駆逐艦が海自のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題などが影響していると日本メディア各社が報じている。防衛省幹部は「韓国がレーダー照射問題について積極的な対応をとれば招待することができるが、現在の状況が続けば困難である」と述べたというが、そもそも招待する必要はない。今までの無礼な対応は敵国日本としたわけで、今後歩み寄ったとしても、信用しない事である。

自民党側は「観艦式は(日本の)首相も出席している海上自衛隊の一大イベント」とし「韓国がレーダー問題を先送りしているのに韓国海軍を招待すれば、日本が許したという誤ったメッセージを送ることになる」、「韓国が事実を認めて謝罪しない限り、招待はありえない」と伝えているが、レーダー問題を先送りしたというよりも、謝罪してもそこで何をしていたのかは次の課題となる。ともに問題は大きいだけに許しがたいことに変わりはない。

関連記事

[ 2019年02月25日 12:21 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp