韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領、米中貿易交渉で習主席と3月に最終合意か

トランプ大統領、米中貿易交渉で習主席と3月に最終合意か

トランプ米大統領が中国との貿易交渉で「相当な進展(substantial progress)」があったと伝え、3月1日までとしていた交渉期間を延長した。今後、中国の習近平国家主席との首脳会談で最終的に合意するという計画も明らかにした。

トランプ大統領は24日(現地時間)、ツイッターで「米国が中国との重要な構造的問題に関する貿易交渉で相当な進展を遂げたことを知らせることになり、うれしく思う」とし「こうした非常に生産的な会談の結果として、私は3月1日に予定していた米国の関税引き上げを延期する」と明らかにした。 トランプ大統領は昨年12月1日の習主席との首脳会談で、90日以内に交渉が妥結しない場合、3月2日0時から2000億ドル規模の中国産製品に対する関税率を10%から25%に引き上げると公言していた。

米中両国は19日からワシントンで次官級交渉をしたのに続き、21日から高官級交渉を行った。米国側からはライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が、中国側からは習主席の経済政策を担当する劉鶴副首相が高官級交渉団を率いた。2日間の高官級交渉日程が24日まで延長したことで交渉に進展があったという見方が強まり、トランプ大統領の交渉期間延長発表にまでつながった。

スポンサードリンク
トランプ大統領はどれほど期間を延長するかについて言及しなかったが、サンダース米大統領報道官は前日「1カ月以内になるだろう」と説明した。 最終談判を念頭に置いた米中首脳会談の場所も明らかにした。トランプ大統領はツイッターで「交渉がさらに進展するという仮定の下、習近平主席とマー・ア・ラゴで首脳会談を計画する考え」と伝えた。
https://japanese.joins.com/

中国の劉副首相は、習主席の書簡をトランプ大統領に届けたことを明かしており、習主席は書簡で交渉で大きな進展が見られたとし、両国が譲歩に向け進んでいるとしている。トランプ大統領とムニューシン財務長官は、通貨に関しても合意をまとめた事を伝えている。閣僚級貿易協議は24日まで2日間延長されたが、米国が対中関税を引き上げるとしている3月1日の期限が近づき、両国は合意を急いだとも報じている。トランプ氏は、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税の税率を引き上げる期限の先延ばしも検討していることを改めて示唆した。 米中貿易戦争は具体的な進展がないまま7か月に及んでいる。結果、世界市場混乱を引き起こしているだけに、どんなとりまとめとなるのか関心が集まっている。

関連記事

[ 2019年02月25日 18:48 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp