韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「日本、海自観艦式に韓国を招待せず」、米は韓日対立仲裁へ

「日本、海自観艦式に韓国を招待せず」、米は韓日対立仲裁へ

日本の防衛省が、今年10月に行われる日本の海上自衛隊の観艦式に韓国海軍を招待していないことが分かった。産経新聞が25日、報じた。同紙は日本政府の関係者の話として「防衛省は米国、オーストラリア、インド、シンガポールなどに加え中国にも案内を出したが、韓国の招待は見送っている」として「韓国駆逐艦によるレーダー照射問題が解決に向けて進展していないことへの措置」と書いた。その上で「韓国がレーダー照射問題に対し前向きな対応を取れば招待することは可能だが、今の状態が続くのでは難しい」と続けた。

日本の海上自衛隊は3-4年に1回、友好国の艦艇を招待し、日本の艦艇・航空機と共に大規模な観艦式を開催している。2015年の観艦式には米国、オーストラリアを始め、韓国海軍の駆逐艦「大祚栄」が参加していた。 これについて韓国国防部(省に相当)の関係者は「現在までに日本政府から公式に確認されてはいない事項」だとして「単なる報道だけで韓国政府が確認するのは適切ではない」と説明した。韓国国防部は韓日の摩擦を際立たせている日本メディアの報道にいちいち対応しないとの立場だ。国防部は、日本側が自国メディアを通じて繰り広げている「神経戦」に振り回される必要はないと判断したという。

スポンサードリンク
昨年12月に日本の哨戒機が韓国の駆逐艦に近接飛行を行った当時、日本側は「韓国海軍が哨戒機に火器管制(射撃統制)レーダーを照射した」と主張し、韓国国防部と日本の防衛省は鋭い対立を続けている。4月に釜山沖で行われる国際的な海上共同訓練への日本の参加をめぐっても、韓日双方の言い分が食い違っている。
http://www.chosunonline.com/

すでに国の形態をなしていない韓国である。日本を敵国と位置付け、北朝鮮制裁緩和に陰で動き、結果北朝鮮の核開発に協力した事実は大問題である。レーダー照射が日本の海域で北朝鮮と何をしていたのかは不透明のまま、問題が先送りされているわけで、レーダー照射の裏にある大きな問題を隠し続けるには限界があるだろうと思うが…。

嘘の上塗りは、結果破滅に導かれるわけで、北朝鮮は韓国が破滅に向かう思惑をしっかり見つめている。通貨危機に経済低迷は北朝鮮にとっては実にありがたい現実となる。家計負債に不動産経済が暴発し、通貨危機に陥れば、国の再建で韓国は、今まで通りの再建にはならない。すでに外資が入った状態であるから、低迷を考慮すれば外資は次は逃げるだろう。韓国の衰退は北朝鮮にとって有利に働く。 一方今の日本は、敵国と化した韓国の位置付けであるから、海自観艦式に韓国を招待するはずもない。様々な事が起こる可能性のある韓国である。危険な韓国に距離を置く必要があるという事だ。

関連記事

[ 2019年02月26日 09:17 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
話だけは聞く
>米は韓日対立仲裁へ

韓国からはこう見えるのか、日米が共同でやるなら、
韓国を再度取り込む戦術、これは組める、
あんまり追い詰めるとまずかろうと、
韓国はTPP加盟を運動しているようだが、延々と
「協議」でいなされて、ちょっと無理だろう、
日本は「話だけは聞く」という態度、これがくせもの、
[ 2019/02/26 12:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp