韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  KT会長「半導体が牽引していた韓国経済、5Gが牽引する」

KT会長「半導体が牽引していた韓国経済、5Gが牽引する」

「現在半導体が韓国経済を牽引しているが数年以内に第5世代(5G)基盤のサービス、ソリューション、コンテンツがグローバル経済を動かす中心軸になるだろう」。

「黄の法則」を作り出した「半導体の男」から「ミスター5G」に変身したKTの黄昌圭(ファン・チャンギュ)会長の話だ。「ミスター5G」は1月にスイスで開かれたダボスフォーラムで5G移動通信伝導師を自任した黄会長が得たニックネームだ。こうしたニックネームにふさわしく黄会長は25日にスペインのバルセロナで開幕したMWC2019で「ついに5Gと次世代知能型プラットフォームを実現する」という主題で基調演説を務めた。

今回の基調演説は黄会長には感慨が新たになるしかない席だった。黄会長は2017年に同じ席で「5Gの向こうの新しい世界」を主題にした基調演説を通じ、「2019年に世界で初めて5Gを商用化する」と宣言した。当時多くのモバイル業界関係者らは「無理な日程」と評価した。ほとんどの国が2020年の商用化が目標だったためだ。

スポンサードリンク
だが黄会長は「半導体メモリーの容量が1年ごとに2倍ずつ増加する」という「黄の法則」を生み出したように、目標達成を5Gでも再現した。黄会長の基調演説後、5G標準化日程は1年以上早まることになった。黄会長は基調演説後に開かれた記者懇談会で、「4年前のMWC基調演説で5Gに対する挑戦を宣言した時には懸念と不信がほとんどだったが、われわれは結局やり遂げた。5Gの驚くべき未来が来月に近づいた」と話した。韓国の5Gサービスは来月からスマートフォンを通じた商用化を控えている。
https://japanese.joins.com/

米誌WIRED電子版は、「中国は恐らく5G市場を席巻する」と指摘する「米国はインターネットを発明したが、斬新で高性能なサービスをテストできる巨大市場は存在しない」とし、米国が家庭、企業へのアクセスというネットワークの末端に力を注がなかったことがその原因だと分析。米国がやるべき最も重要なこととして、まだ存在していない5G発展に向けた計画の打ち出しを挙げた。

一方の日本は、日本政府が新技術を用いた5Gの基地局の研究に乗り出すことで、無線インフラの世界市場での日本メーカーの展開拡大が期待される。現在の無線インフラ市場では、中国の華為技術が世界シェア1位。しかし中国勢は中国政府への情報漏洩のおそれがあることが指摘され、日本勢は5G導入に合わせた巻き返しを狙っている。日本勢にとって5G導入は形勢逆転の好機となる。NECはすでにドコモに5Gの基地局を提供することで合意。世界市場でも信頼度の高い日本メーカーによる展開に道が開くことも期待される。

関連記事

[ 2019年02月26日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp