韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「米朝首脳会談」融和にクギ 官邸は“北支援拒絶” 拉致問題解決へ警戒強化

「米朝首脳会談」融和にクギ 官邸は“北支援拒絶” 拉致問題解決へ警戒強化

ドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日、2回目の米朝首脳会談(27、28日)に向け、ベトナムの首都ハノイに乗り込んだ。事前の実務者協議では、「北朝鮮の非核化」に向けた具体的進展はなかった。両首脳の直接交渉が注目されるが、外交的成果を焦るトランプ氏が「危険な妥協」に応じる恐れも指摘される。北朝鮮の狡猾さを熟知する安倍晋三政権は「警戒姿勢」を崩していない。拉致問題の解決も見据え、今回の会談で何らかの合意があったとしても、対北支援に応じない考えを米側に通知した。

「具体的に『北朝鮮の非核化』と『拉致問題の解決』が進まない限り、北朝鮮に対する経済制裁を緩めてはいけない。日本政府の姿勢は当然だ」 朝鮮半島情勢に詳しい麗澤大学の西岡力客員教授はこう語った。 日本政府の毅然とした姿勢は後述するとして、米朝首脳会談に向けた両首脳の言動に世界が注目している。 正恩氏は26日朝、特別列車で中国から国境を越えてベトナム北部ランソン省ドンダン駅に到着した。儀仗(ぎじょう)隊が整列するなか、ベトナム政府高官や、先にベトナム入りしていた正恩氏の秘書役、金昌善(キム・チャンソン)国務委員会部長らが出迎えた。

スポンサードリンク
実務者協議では大きな進展は見られない。トランプ政権としては「核施設の廃棄や査察への合意」を取り付け、「非核化の行程表づくり」に道筋をつけたいが、北朝鮮が「相応の措置」を求めているからだ。北朝鮮が熱望する「相応の措置」には、国際社会による「経済制裁の解除」や、休戦中の朝鮮戦争の「終戦宣言」があるとみられている。難航する実務者協議を反映したのか、ニューヨークの不動産王としての駆け引きか、トランプ氏の対北姿勢が「軟化」している。 トランプ氏は、ベトナム出発前の24日、ホワイトハウスで「北朝鮮が(核や弾道ミサイルの)実験を行わない限りは満足だ」と語ったのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

トランプ政権が限定的な合意を受け入れる姿勢のようだと伝え、朝鮮戦争の終戦宣言や北朝鮮の観光特区設置など南北朝鮮間のプロジェクト承認など譲歩を示す可能性もあるとしている。実績につなげる事が優先されるトランプは、自国安全を優先するだろう。日本政府は自国の安全確保のために、日朝交渉可能と言う文言で逃げるのではと考える。そもそも日本からすれば何も解決はしないわけで、安倍首相が金正恩と交渉し、日本もまた安全保障協定を結び、拉致問題と引き換えに何等か検討することになりそうだが…。

関連記事

[ 2019年02月27日 09:33 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
ロードマップのちがい
トランプの腹案にあるのは、非核化から、
経済制裁解除、米朝FTAというシナリオだろう、
北朝鮮の解放市場を独占しようという意図、

日本は何しろTPPだから、現状韓国の加盟を
(加盟拒絶を)思案している中で、いきなり
北朝鮮のTPPはありえない。
何の連合でも同じことで、外に非加盟がいくつも
いるから中の加盟者同士にメリットがある、
[ 2019/02/27 11:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp