韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、出産率世界最低…「類例を見つけにくい」

韓国、出産率世界最低…「類例を見つけにくい」

韓国の合計特殊出生率が史上初めて0人台に落ちた。合計特殊出生率は一人の女性が妊娠可能な期間(15~49歳)に産むと予想される子どもの数を意味する。 統計庁が27日に発表した「2018年出生・死亡統計暫定結果」によると、昨年の出生数は前年(35万7800人)よりも8.6%減となる32万6900人と集計された。これは統計を作成し始めた1981年以降、歴代最低値だ。

昨年合計特殊出生率は0.98人で歴代最低だった前年(1.05人)を下回った。現在の人口水準を維持するには合計特殊出生率が2.1人でなければならない。「0人台出産率」は世界的にも類例を見つけにくい。統計庁のキム・ジン人口動向課長は「経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、合計特殊出生率が1未満に落ちたところはなかった」と話した。

このような少子化の原因は複合的だ。まず20~30代序盤人口そのものが減った。加えて青年の婚姻年齢がますます遅れている。就職ができず、住居費負担などで結婚そのものを回避している。結婚しても出産を先送するか子供を産まない夫婦が多くなっているのも主な原因だ。

スポンサードリンク
これに伴い、韓国の人口減少時点も早まる展望だ。カン・シヌク統計庁長は、最近中央日報とのインタビューで「少子高齢化が予測よりも早く進行していて、韓国の総人口減少時点が前倒しになるかもしれない」とし「急激な人口構造の変化によって雇用・福祉・年金・教育・住宅など主要政策に波及効果が大きいものと予想される」と話した。
https://japanese.joins.com/

2019-02-27-k001.jpg

昨年8月中央日報は、少子化が深刻になり、今年の出生率は1人以下に下落し、出生児数が2022年になる前に20万人台に下落すると予測されると報じている。このままだと韓国は世界唯一の出生率0人台の国になると指摘していた。50万人台だった出生児数が2002年40万人台に下落し、それから15年後には30万人台に落ちた。30万人台が4~5年続いた。計庁は、将来人口推計分析で出生児数が30万人台に落ちる時期を2035年だと予想してtたが、2017年に30万人台になり、予想より18年も早まったと伝えている。国際連合人口基金(UNFPA)が発刊した「2017世界人口現況報告書」によると、198カ国の中で合計特殊出生率が1.0人以下の国はない。超少子化の基準である1.3人以下の国は韓国を含み9カ国だ。

関連記事

[ 2019年02月27日 16:59 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
産めよ増やせよ
 産めよ増やせと言った時代は人的資源が国家の必要事項だった訳(男は戦時には兵隊に)で貧乏人の子沢山はアフリカの現状を見ればよく分かるはずだ、子供の生存率が悪いから子供をたくさん産んで帳尻を合わせている、しかし韓国の少子化は経済状況の悪化で産めよ増やせは出来ない筈だ、たかだか約五千万人の人口しか居ない韓国で一家庭で二人の子供を産み育てられないとは将来は爺婆(じじばば)の国になってしまうのだろう。
 子供は国の宝だと言って幾ら政府が子供にカネを出しても、子供を産む夫婦が安心して生活出来る環境が無ければ無理だ。
[ 2019/02/27 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp