韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ホンダが英国工場を閉鎖したのはなぜか

ホンダが英国工場を閉鎖したのはなぜか

自動車メーカー・ホンダは19日、2021年までに英国にある自動車工場を閉鎖し、主力車シビックの新モデルは北米での生産に切り替え、電気自動車の研究開発と生産は中国と日本に集中させることを明らかにした。八郷隆弘社長は同日の記者会見で、「世界の生産能力の合理的な配置を考えてのことで、最良の選択だ」と述べた。経済参考報が伝えた。

英国南部のスウィンドンにあるホンダの自動車工場は、ホンダにとって欧州で唯一の工場でもある。1985年に設立され、従業員は3500人。2018年はシビックを16万台生産し、英国の自動車生産量の約10%を占め、大半は北米地域に輸出された。

アナリストはこのほど、「ホンダの欧州などでの自動車販売が低迷していること、英国の欧州連合(EU)離脱の見通しが不明なこと、世界規模で電気自動車(EV)が急速に発展していること、この3つの要因が、ホンダに世界の生産ネットワークの配置や重点研究開発の方向性の調整を決意するよう促した主な原因だ」と分析している。

スポンサードリンク
現在、米国とアジアがホンダの主力市場だが、昨年の欧州市場でのシェアは1%に満たず、販売量は14万3000台にとどまった。中国と米国ではそれぞれ10%以上のシェアを獲得している。また、ホンダの世界販売総量に占める欧州の割合は3%に届かない。ホンダは19日に英国工場閉鎖を発表したと同時に、トルコの工場の閉鎖も発表した。この2つの工場はどちらも主にシビックの生産を手がけ、トルコで生産されたシビックは主に中東市場に輸出されている。両工場閉鎖の影響で、ホンダの21年の販売量は現在より6%減少して510万台前後になることが予想される。
https://www.recordchina.co.jp/

ホンダの欧州ビジネスは最悪の状況に陥っている。2018年のホンダのEU、英国での販売台数は13万6000台にすぎない。SUVを主体とし、ホンダより平均売価がずっと高い三菱自動車にも販売台数で負けた。英国スウィンドンにある工場のキャパシティは年産25万台だが、それに対して実生産台数は16万台。生産したクルマのうち55%を北米、10%を日本に輸出しても、稼働率は6割強しかない。ホンダは商品を必要とされているところで作ると言う方針であるから、販売がまったく伸びなかった欧州を切るのは当然の判断と言える。だがホンダの欧州ビジネスは、最初から悪かったわけではない。純粋にホンダ自身の欧州戦略に乏しかったわけで、八郷社長は技術の変化や市場など外部環境要因のみを理由として挙げ、自身を含めた歴代経営者のストラテジーのまずさという根本原因については口にしなかった。

関連記事

[ 2019年02月28日 08:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp