韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本でOLEDテレビ人気、LGがパネル供給

日本でOLEDテレビ人気、LGがパネル供給

東京・秋葉原にある超大型家電店、ヨドバシカメラの4階テレビ売り場の入り口には38台の大型有機発光ダイオード(OLED)テレビが並べられている。世界のOLEDテレビ市場で首位の韓国LG電子の製品だけでなく、日本のソニー、パナソニックが発売したOLEDテレビも一番目立つ場所を占めている。LG電子日本法人関係者は「最近は日本のテレビ市場でOLEDテレビの割合が徐々に高まっている。品質と技術力に敏感な日本の消費者が高価格のOLEDテレビの価値を認め始めた格好だ」と話した。

液晶テレビが主流で外国技術が根付きにくいことで知られる日本のテレビ市場でOLEDテレビが急成長しているのだ。 OLEDテレビは韓国のLG電子が世界で初めて発売したもので、OLEDパネルはLGディスプレーが世界市場の100%を掌握している。日本でOLEDテレビの市場規模が拡大しているということは、OLEDパネルの優秀性が認められたことを意味する。これまで日本市場参入に何度もチャレンジしてきた韓国のテレビメーカーがついに活路を見いだしたと言える。LGディスプレー関係者は「日本では予想よりもOLEDテレビ市場が急速に拡大している。市場掌握のために攻撃的な事業戦略を立てている」と説明した。

スポンサードリンク
市場調査会社IHSマークイットによると、昨年の日本のOLEDテレビの市場規模は20万500台で、前年比で166%増加した。一方、日本のテレビ市場で主流の液晶テレビは3%増にとどまった。特にテレビメーカーの収益に直結する2500ドル(約27万7000円)以上の高価格帯製品ではOLEDテレビのシェアが82%に達した。
http://www.chosunonline.com/

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年9月24日、有機ELテレビの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
1位 BRAVIA KJ-55A8F 55型(ソニー)、2位 VIERA TH-55FZ950 55型(パナソニック)、3位 BRAVIA KJ-65A8F 65型(ソニー)、4位 OLED TV OLED55C7P 55型(LGエレクトロニクス)、5位 BRAVIA KJ-55A1 55型(ソニー)。

2018年上半期(1月1日~6月30日)有機ELテレビのメーカー別販売台数シェアでNo.1を獲得したのは、ソニーだった。独特な音響システムや斬新なデザインが人気を呼んだ。 有機ELテレビを展開するのは4社。上半期のシェアで1位についたのはソニーでシェアは39.9%、2位はパナソニック(35.3%)、3位はLGエレクトロニクス(22.0%)、4位は東芝(2.8%)だった。機種別の販売台数ランキングでは、ソニーが17年6月に発売した「BRAVIA(KJ-55A1)」がトップに立った。液晶テレビのフラグシップモデルと同じ高画質プロセッサや、テレビ画面を振動させることで音を出す「アコースティック サーフェス」が特徴。スタンドは背面にあるため、正面から見ると画面だけで自立しているようなデザインが好評を得た。

関連記事

[ 2019年02月28日 09:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp