韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  “史上最低大統領”文在寅氏の「親日清算」 狂気の保守派排除も進行中

“史上最低大統領”文在寅氏の「親日清算」 狂気の保守派排除も進行中

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、狂気の「反日」暴走を加速させた。日本統治に抵抗した「三・一運動」の100周年(3月1日)に向けて、「親日清算」を強調したのだ。文政権下の韓国では「天皇陛下への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、海上自衛隊機へのレーダー照射など、常軌を逸した「反日」の動きが進む。日本に一定の理解を示す保守派排除も進行しており、その光景は、数多の犠牲者を生んだ中国の「文化大革命」を彷彿させる。文政権が続く限り、日韓関係の正常化は絶望的だ。

「親日を清算し、独立運動にしっかり礼を尽くすことが、民族の精気を正しく立て直し正義のある国に進む始まりだ」 文氏は26日の閣議で、こう訴えた。閣議が行われた場所は、ソウルにある独立活動家、金九(キムグ)の記念館だった。 金九は1896年、朝鮮で旧日本軍中尉(=行商人説もある)を惨殺し、投獄された。その後、脱獄して中国・上海で亡命政府「大韓民国臨時政府」に参画した人物である。韓国では尊敬を集めているが、日本人には殺人・逃亡犯でしかない。

そうした人物を記念する施設で、閣議を開くこと自体が「反日的」だが、文氏は同日、初代の韓国統監だった伊藤博文元首相を中国・ハルビン駅で暗殺し死刑となった安重根(アン・ジュングン)らの墓も参拝した。

スポンサードリンク
そんな状況下で、文氏は大統領として率先し、先人による「抗日」をたたえ、「親日清算」を強調した。韓国でいう「清算」とは、恨(ハン)を晴らすこととされる。 河野太郎外相は26日の記者会見で「日韓関係を未来志向のものにしていきたい」と述べたが、文氏の言動からは、日本との関係修復を図る意思は感じられない。それどころか、さらに「反日」を加速させる動きとみる向きもある。
http://www.zakzak.co.jp/

記事では、文政権が続く限り、日韓関係は絶望的だが、日本はどう対応すべきか。前出の西岡氏は「文政権は、悪化した日韓関係を放置する考えだろう。日本としては距離を置いて、最高裁の異常判決やレーダー照射問題など、具体的問題について、言うべきことは言うべきだ。日本の立場を、文政権に反対する韓国国民や国際社会に発信する必要がある」と指摘している。

今の韓国は、「三・一運動」の100周年(3月1日)に向けて、自国民の支持を仰ぐ文大統領でしかないわけで、異常値ではあるが、大統領の動きはこれでしかないのも事実。戦争経験者に従い、支持率確保に必死という事だ。しかし若者には当然人気は無いわけで、自国政府ですら戦争経験者や高齢者に従うという社会の構図は、他の新興国と似てはいるが、敗戦した日本が再び軍備を整え、自衛隊が国防軍になることを恐れているわけで、弱い人種は再び強い日本を恐れていることの表れでもある。いつまで反日論争を繰り広げられるのかは、「三・一運動」の100周年(3月1日)を過ぎれば、見えてくるだろう。結果レーダー照射の真相が論議の的になる日も近いのでは…。

関連記事

[ 2019年02月28日 09:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp