韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、半導体輸出量3年1カ月ぶりに減少

韓国、半導体輸出量3年1カ月ぶりに減少

半導体輸出量が減少に転じた。3年1カ月ぶりだ。「輸出1位」である半導体の単価下落に続き輸出量まで減り輸出警告音が大きくなっている。 韓国銀行が27日に発表した「2019年1月貿易指数と交易条件」を見ると、先月の半導体の輸出物量指数(2010年=100)は437.43で、1年前より2.6%下落した。2015年12月に1.8%下落してから初めての下落だ。

半導体輸出金額指数は昨年12月に7.9%の下落に転じ、先月には21.8%と下落幅が拡大した。輸出量減少は製品需要が減ったという意味のため価格下落より深刻だと分析される。半導体業界関係者は「半導体部品が多く使われるスマートフォンの販売が減った上に、グーグルやマイクロソフト(MS)などインターネット企業の注文が減少した」と説明した。ただ業界と韓国政府は下半期から半導体輸出不振が回復すると予想している。折りたたみスマホや第5世代(5G)対応スマホなどの発売で携帯電話販売が増加し、インターネット企業が下半期にデータセンターを増設すると予想されるためだ。

先月の輸出全体の金額指数は126.25で5.6%下落した。昨年12月の3.7%下落に続き2カ月連続のマイナスだ。下落幅は2016年7月の7.8%から2年6カ月ぶりの最大幅だった。半導体を含む電機・電子機器の輸出金額指数が18.6%落ちた影響だ。

スポンサードリンク
先月の輸出全体の金額指数は126.25で5.6%下落した。昨年12月の3.7%下落に続き2カ月連続のマイナスだ。下落幅は2016年7月の7.8%から2年6カ月ぶりの最大幅だった。半導体を含む電機・電子機器の輸出金額指数が18.6%落ちた影響だ。
https://japanese.joins.com/

折りたたみスマホや第5世代(5G)対応スマホなどの発売で携帯電話販売が増加し、インターネット企業が下半期にデータセンターを増設すると予想されるというが、折りたたみスマホでは増加はしない。第5世代対応スマホもインフラしていないのでスマホが先に売れるとは思えない。むしろデーターセンター増設のほうが可能性が高い。今年は半導体は上半期に復活するとの予想もあるが、大手企業の在庫数と考慮すれば、韓国企業においては実利益は在庫調整で消えるだろう。もし増加すれば、大量在庫を抱えたまま生産をしたことになる。

昨年は実際は稼働率は低下し、実生産は減少しているはずである。にもかかわらず新工場稼働もあり、実質在庫はかなり抱えたままではないだろうか。調整するには製造を止めるわけで、どんな利益計上を実施するのかわからないが、現行は先受注を利益計上に取り入れていると思われる。しかしこれも限界だろう…。

関連記事

[ 2019年02月28日 12:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp