韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  現代自動車、未来自動車に大規模投資…『ゲームチェンジャー』になる

現代自動車、未来自動車に大規模投資…『ゲームチェンジャー』になる

現代(ヒョンデ)自動車グループの2017年の研究開発投資規模は世界の自動車メーカーで11位だった。車両生産規模を見れば世界5位だが研究開発投資はそれに満たなかった。自動車業界では現代自動車グループが競合会社に比べ研究開発と未来車技術投資に消極的と言われた。現代自動車グループの主力である現代自動車が27日に今後5年間の投資計画を公開したのはこうした認識を変えるという宣言になる。研究開発と未来技術投資を大幅に拡大し未来車市場を確保するという意味にも解釈される。

現代自動車はこの日李元熙(イ・ウォンヒ)社長の主宰で「最高経営責任者インベストデー」を開き、今後5年間の投資計画を詳細に公開した。研究開発に20兆3000億ウォン、施設維持保守と老朽設備改善など経常投資に10兆3000億ウォンを投じる。未来モビリティー(移動手段)と自動運転など未来車技術には14兆7000億ウォンを投じる。 今年から2023年までの5年間の総投資額は45兆3000億ウォンで、年平均では9兆600億ウォン水準だ。2014~2018年の5年間の年平均投資額5兆7000億ウォンより58.9%増えた規模だ。

スポンサードリンク
特に未来技術分野の投資が急激に増えた。現代自動車は昨年約8000億ウォンを未来車分野に投資した。今年からはこれを年平均3兆ウォン水準に拡大するというのが現代自動車の計画だ。同社関係者は「未来車の核心技術を確保し第4次産業革命を主導する『ゲームチェンジャー』として跳躍するという意味」と説明した。細部的には▽車両共有などモビリティー分野に6兆4000億ウォン▽車両電動化分野に3兆3000億ウォン▽自動運転とコネクティビティ技術に2兆5000億ウォン▽先行技術開発などに2兆5000億ウォンを投じる。
https://japanese.joins.com/

研究開発投資はそれを活用する組織が合ってこそである。その組織力が弱い現代自に研究開発投資が先では、理にかなわない。まず人材を集めプロジェクト化することである。今の人材では伸びないわけで、様々の専門を集め、そこに投資して初めて実現するわけで、今の自社研究開発が素晴らしいと思っている様では、現段階で低迷し品質まで低下しているわけで、しかも品質工学すら理解していない。シックスシグマも手法として活用していない。研究手法に経営手法は不可欠。単に古いデザイナーをヘッドハンティングしたところで、中身が薄いのでは論外となる。一昨年まではデザインが良ければほどほど売れたのも事実。だが今後は自動運転で、電子回路が増加し、検査も増加するわけで、クレームを出さない仕組みは難しい。トヨタは必死に品質に取り組んでいるが…。部品企業から連携した品質管理手法を検討中だ。

関連記事

[ 2019年02月28日 12:26 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
 ゲームチェンジャーとして躍進する?
 ゲームオーバーの誤りでは?
[ 2019/02/28 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp