韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「未来志向で親日の清算を」「日本とは協力強化」 文大統領が演説

「未来志向で親日の清算を」「日本とは協力強化」 文大統領が演説

1919年に日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年に当たる1日、韓国ソウルで記念式典が行われた。 ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で開かれた式典では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が約1万人の市民を前に演説。文氏は「歴史の立て直しこそが重要であり、(日本の統治に協力した)親日の残滓(ざんし)清算が課題だ。親日については反省し、独立運動は礼を尽くされるべきだという価値を正しく確立することが親日清算だ」と指摘。一方、「隣国との外交で葛藤の要因を作ろうというのではない。親日清算も外交も未来志向的であらねばならない」とも訴えた。

また、文氏は「朝鮮半島の平和のために日本との協力を強化する」と述べた。「力を合わせ(日本の朝鮮半島統治時代の)被害者らの苦痛を実質的に癒やしたときこそ、韓国と日本は心の通じる真の友人になる」とし、慰安婦問題などでの日本の協力を暗に訴えた。 式典では三・一運動の象徴的な女性の独立運動家で、当時、運動後に獄死した柳寛順(ユ・グァンスン)に文氏から「建国勲章大韓民国章」が授与された。また、独立運動家の子孫や、元慰安婦の女性、いわゆる徴用工だったと主張する人々も参加。国民の代表として行進した。

スポンサードリンク
ソウルをはじめとした韓国全土で、この日、さまざまな記念行事が行われた。この後、独立運動当時を再現し、全国で韓国国旗を振り、「万歳!」を連呼しての行進が行われた。
https://www.sankei.com/

独立宣言は、非常に理想主義によって貫かれた独立宣言文であるとしている。特徴的なのはその戦闘性の希薄さであり、日本に対する独立宣言でありながら、その日本に対し真の友好関係樹立を呼びかけている。これは三原則の一つ非暴力理念を反映した結果といえると文献では説明している。しかし暴動化した動きの中で、一方司直の手を免れた活動家たちは外国へ亡命し、彼らの国内における独立運動は挫折したとしている。その後の朝鮮半島地域は日本の統治に服し、1945年(昭和20年)の日本敗戦に至るまで大規模な運動は起こらなかった。 

日本国内では、三・一独立運動は「万歳事件」と言われ、一部の「反日」的な暴徒が「独立万歳」を叫びながら示威行為を行ったので弾圧されたと報じられたに過ぎない。論調の多くは、民度の低い朝鮮人が、外国人宣教師などに煽動され、日本の十分な植民地統治を覆すために起こした暴動であり、断固鎮圧せよというものであったという。

関連記事

[ 2019年03月01日 16:54 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp