韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で「漢方薬」の逆輸入が人気、そのワケは?

中国で「漢方薬」の逆輸入が人気、そのワケは?

小林製薬は最近、複数の製品が昨年、中国人観光客から高い人気を集め、第2四半期(4-6月)と第3四半期(7-9月)の売上高が前年同期比で5-6倍に達したと明らかにした。それに伴い、日本の「漢方製剤」メーカー数社も利益を大幅に伸ばした。

ある資料によると、中国の中医薬(漢方薬)市場において、海外製の漢方薬がシェアのかなりの割合を占めている。また、中国を除いた世界の漢方薬市場において、日本がシェアの80%を占めているのに対して、中国はわずか5%にとどまっている。中国第三軍医大学新橋医病院の中医薬の専門家・趙朝廷(ジャオ・チャオティン)氏は、「中国人観光客が爆買いしている『漢方製剤』は、海外の企業が中国から基準をクリアした原料を輸入して、加工し生産した『中成薬』。それが外国語の書かれた箱に入れると『海外製漢方薬』になる。中国の伝統文化の宝である中医薬に、このような現象が起きていることを、よく考えなければならない」と指摘する。 スポンサードリンク
中国の中医薬の品質をめぐる基準が十分整備されていないほか、特許や技術研究開発などの面でも出遅れていることを反映していると指摘する。『海外製漢方薬』の最大のメリットは、高い品質基準が定められていることだ。
https://www.recordchina.co.jp/

現在、8割以上が中国からの輸入に依存している漢方原料生薬。その購入価格の高騰が関係方面で言われてきたが、日本漢方生薬製剤協会が会員社を対象に実施した調査で、2006年からの8年間で原料生薬価格が2.4倍と倍以上に高騰している現状が示された。このことからも、原料生薬の品質確保と安定確保の推進が、より一層、喫緊な課題となっている。日本での生薬栽培にかかるトータルコストを考慮すると、原料生薬が高騰しているとはいえ、現状でも輸入生薬原料のほうが安価ではある。農家側も限られた出口の状態だけでは生薬栽培に意欲を注ぎ込むことは難しい。単純に国内生薬栽培の振興だけで解決できない種々の問題がある。

関連記事

[ 2019年03月02日 16:59 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp