韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ファーウェイの折り畳み5Gスマホ、日本のファンを興奮させる

ファーウェイの折り畳み5Gスマホ、日本のファンを興奮させる

2019年3月1日、環球時報は、ファーウェイがスペイン・バルセロナの展示会で発表した世界初の5G折り畳みスマートフォンに、日本の「ファーウェイファン」が早くも興奮していると報じた。

ファーウェイは、2月25~28日にバルセロナで行われた世界最大級のモバイル関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス2019」(MWC 2019)にて、「世界最速の5G折り畳み携帯電話」として「Mate X」を発表した。

記事は同機の発表が「遠く離れた日本のファーウェイファンを興奮させた。イベント会期中、日本の各テレビ局が特集を組んで報道していたが、特に注目されたのがこの製品だった」と紹介。同機の情報が流れると、視聴者から「本当にこんなスマホがあるのか」「日本ではいつ実物が見られるのか」「価格はどのくらいか」といった問い合わせが多く寄せられたとし、反響の大きさからテレビ局が追加情報として日本では6月に発表会が開かれること、価格が約29万円であることを伝えたとしている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
サムスン電子が19年2月20日(米国時間)に発表した「Galaxy Fold」である。これは外側に4.6インチ、内側に7.3インチのディスプレーを搭載しており、折り畳んだ状態では外側のディスプレーで操作し、本体を開くと内側の大画面ディスプレーが現れて大画面での操作が可能になる。一方ファーウェイの「HUAWEI Mate X」は、Galaxy Foldとは逆に、外側に8インチのディスプレーを備え、常にディスプレーが前面に来る仕組みだ。折り畳んだ状態では6.6インチと6.38インチの両面ディスプレーを備えている。

2019年の上半期に5G商用化が可能な国は韓国と米国となる。ファーウェイ Consumer Business Group ヴァイスプレジデント、Jim Xu氏は、スマートフォン販売のグローバル化が進む中で、販売での成功は一瞬でしか無い。われわれが考えているのはその数ではなく、製品・アフターケア・小売り・マーケティングと、会社全体として謙虚な姿勢で「消費者第一」を考え、消費者の方々に価値ある製品を送り届けることだと伝えている。また。 「オールシーン」つまり生活のあらゆる場面でわれわれの製品を使ってくれるようなソリューションを提供することで、消費者の方々がモバイルブロードバンドの時代に常に適応できるお手伝いをしたい、これが一番の目標だという。

やはり製品バリエーションに力を注いでいるとの事だ。折り畳みスマホ云々だけではなく、技術力は宣伝になるだろうし、サービス強化で中低価格商品の価値観も上がる。販売一位の目標はもっていないとも話している、そのために如何をするかののほうが重要という事だ。サービスと品質は不可欠と言える。

関連記事

[ 2019年03月03日 08:50 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp