韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンのアジア地域スマホシェアが低下…中国・インドで不振

サムスンのアジア地域スマホシェアが低下…中国・インドで不振

2019年3月1日、韓国・アイニュース24によると、韓国・サムスン電子が、昨年第4四半期(10~12月)のアジア地域におけるスマートフォンシェアで5位圏外に落ちた。

市場調査会社「カウンターポイント・リサーチ」は同日、昨年第4四半期のアジア地域市場シェアでファーウェイが17%を占めて1位を記録したと発表した。2位以下にはオッポ(15%)、ビボ(13%)、シャオミ(12%)、アップル(12%)が続いた。

16年第1四半期(1~3月)から18年第3四半期(7~9月)まで、サムスンがアジア地域のスマートフォンシェアで5位内に入れなかったのは17年第4四半期だけだった。サムスンのシェアが低下したのは、アジア地域最大の市場である中国・インドでの不振が原因とみられている。

昨年のサムスンの中国におけるシェアは0.8%にとどまった。インドでも苦戦しており、昨年はシェア24%でシャオミ(28%)に1位の座を明け渡したという。

スポンサードリンク
ただ、サムスンは昨年第4四半期の世界市場におけるシェアでは1位を記録。シェア18%を占め、後にはアップル(17%)、ファーウェイ(15%)が続いたという。
https://www.recordchina.co.jp/

世界40の国と地域を対象に、2017年7月から2018年7月までのモバイルにおける主要OS、主要機種の平均シェア状況をみると、インドネシアの+13.0%(前年対比)で、ほとんどの国と地域で増加傾向にある。OSシェアは、調査対象である37の国と地域でAndroidが首位を占め、2017年1月から2018年1月と比較すると、アジアではiOSが僅かに増加し、Androidが減少したのに対し、ヨーロッパの主要国イギリス・フランス・ドイツでは、Androidが増加し、iOSが減少した。

一方、中国のスマートフォンは一般的に1,000元(約1万6,200円)未満がローエンド機種、1,000元以上3,000元(約4万8,500円)未満がミドルレンジ機種、3,000元以上がハイエンド機種に分類される。国内シェアでトップを走る華為技術は2018年に入り、ハイエンド機種の旗艦モデルとなる「P20」シリーズを発売。ハイエンド機種に強みを持つ米アップルに対して攻勢を強めている。韓国スマホ市場は、サムスン電子、LG電子の2社が8割以上のシェアを持ち、アップルは10~20%台での推移が続いている。中国で売れないサムスンは厳しい状態だ。インドでの低価格スマホのバラまき宣伝は今年は通じないだろう。

関連記事

[ 2019年03月03日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp