韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  NYT「朝米首脳、いずれも誤断…ノー・ディールは予期されていた」

NYT「朝米首脳、いずれも誤断…ノー・ディールは予期されていた」

ベトナムのハノイで開かれた第2回朝米首脳会談が“ノー・ディール”に終わったのは、ドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の「誤断」による結果で、「予期されていた」と、米国メディアが報道した。

ニューヨーク・タイムズの2日付の報道を総合すると、トランプ大統領は金委員長と8カ月ぶりに再会した27日の晩餐会で、いわゆる「グランド・バーゲン」(一括妥結)を提案したという。北朝鮮がすべての核兵器や核物質、核施設を提供する代わりに、米国は対北朝鮮制裁を解除するという内容だった。「寧辺(ヨンビョン)の核施設の廃棄」の見返りとして、2016年3月以降採択された国連安全保障理事会(安保理)の対北朝鮮制裁決議5件を解除してほしい」という金委員長の要求に対する、トランプ大統領の“答え”だった。

同紙は「トランプ大統領の提案は米国が25年間提示し、北朝鮮が拒否してきたものと根本的に同じ」だと指摘した。同紙は、北朝鮮が一括妥結方式の完全な非核化に合意する可能性は、ジョン・ボルトン米国家安全保障会議(NSC)補佐官とマイク・ポンペオ米国務長官が率いるトランプ大統領の参謀たちも極めて低いと見ていたと報道した。一部では会談の開催に懐疑的な声も上がったが、自分の交渉力を過信したトランプ大統領が会談を推し進めたという。

スポンサードリンク
今回の会談に関与した関係者6人とのインタビューに基づき、ニューヨーク・タイムズ紙は、「トランプ大統領の失敗した計略」が2年間続いた「誤断の頂点であることは明らかだ」と報じた。金委員長も寧辺の核施設廃棄カードにし、主な対北朝鮮制裁の解除を引き出せるという「誤った計算」をしたと指摘した。
http://japan.hani.co.kr/

米朝首脳会談とはいっても、互いの駆け引きにおいて、トランプの決断は世界の注目を浴びるわけで、実業家らしくそ損得計算した結果でもあるし、過去を見ての話でもある。安全に行けば、米国が25年間提示し、北朝鮮が拒否してきた内容となる。北朝鮮の核・ミサイルプログラムを隅々まで把握しているポンペオ長官が「寧辺だけで合意すれば、随所に核プログラムを隠しておいた若い指導者にだまされていると見られかねない」として反対したと、米メディアは報じている。首脳会談も2回目となると逆に慎重になる。結果3回目の首脳会談ですべきことが明確になるのも事実。実施すれば合意が成立するだろう。

恐らくは合意に向けて動く姿勢は変わらないと考える。米朝首脳会談は、北が米国に狙われないようにする最善の行動だからとなるわけで、金正恩も十分理解しているだろう。その意味では、ならば自国防衛に米国利用のみならず、今後日本との折衝もあるうると考える。ロシアと中国との親密さも、より一層親密にするにはと言う考えに変わるだろう。

関連記事

[ 2019年03月04日 09:10 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp