韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  東京で中国人・韓国人が多い区、少ない区は?

東京で中国人・韓国人が多い区、少ない区は?

東京都がこのほど発表したデータによると、東京に居住する外国人が55万1683人で過去最多を記録。そのうち、中国人が最多だった。 東京都が発表した平成31年の「外国人人口」によると、19年1月1日時点で東京に居住している外国人は55万1683人だった。00年には2.44%だった外国人比率は3.98%にまで上昇している。

国・地域別では中国(台湾を含まず)が最多の21万3767人で、全体の4割近くを占めた。以下、韓国が9万2418人、ベトナムが3万6227人、フィリピンが3万3219人、ネパールが2万7290人、台湾が1万9726人、米国が1万8508人、インドが1万2130人などとなっている。 23区に住む中国人は18万3613人。

そのうち、中国人が多いのは、江戸川区(1万5424人)、江東区(1万4783人)、板橋区(1万4177人)、新宿区(1万4153人)、足立区(1万4001人)となっている。少ないのは、千代田区(1250人)、目黒区(1836人)、渋谷区(2013人)、中央区(3266人)、港区(3962人)となった。

スポンサードリンク
一方、23区に住む韓国人は7万8955人。多いのは、新宿区(1万221人)、足立区(7388人)、荒川区(5046人)、江東区(4557人)、江戸川区(4390人)。少ないのは、千代田区(455人)、中央区(1401人)、目黒区(1498人)、渋谷区(1608人)、文京区(1658人)となった。
https://www.recordchina.co.jp/

東京隣の埼玉県では、中小企業を探して職探しをしていた当時、2000年頃だろうか…。成型工場の工場見学時に、夜勤の海外労働者がたくさん退社してきた。東アジア系だが、24時間勤務の中小企業では普通との事。成型は自動ではあるが、成型後の品質は抜き取り検査で品質保証部門が対応していた。一方、“日本語学校や専門学校、大学などが集中する新宿区が23区内で最も外国人の新成人が多く、およそ1790人。新成人の45.7%が外国人と言われる。次いで豊島区が1200人で38.3%、中野区が860人で27.0%。成人式に振袖姿で参加する外国人の姿も珍しくなくなってきた。

最近ではインドネシアからの訪日も多い。私の友人でインドネシアからもうすぐ団体で訪日する。イスラム教徒にとっては、大学卒業後の修行に相当する様だ。大阪から東京を回って本国に戻るという。インドネシアと歌でつながりを持つ私だが、日本に来たい人は非常に多い。5人以上の兄弟は珍しくないインドネシアでは、特に年齢順に結婚する風習もあり、下に行くほどに結婚に恵まれず、ボスの下で働くケースが多い。香港などに飛ばされるケースも後を絶たず、最終的に日本に来る為に準備しているという人達も多いのに驚いた。

関連記事

[ 2019年03月05日 08:56 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp