韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG化学、欧州に第2バッテリー工場を推進

LG化学、欧州に第2バッテリー工場を推進

LG化学が、ポーランドに続いて欧州に追加でバッテリー工場の建設を検討している。4日、LG化学側は「まだ決まったことではないが、ポーランドのバッテリー工場の増設に続き、新工場を建設するかどうか多角的に検討している」と明らかにした。

同社の関係者は、「欧州連合(EU)が2020年から強力な二酸化炭素(CO₂)排出規制実施の決定を受け、最近欧州自動車メーカー各社が我先に電気自動車の発売計画を出している」とし、「完成車メーカー各社は自社の本社と生産工場の近くにバッテリー工場が建設されることを希望しており、バッテリー業界全体として欧州地域への設備投資が増えている」と説明した。

LG化学電池事業部門の金鐘現(キム・ジョンヒョン)部門長(社長)も最近、ポーランド現地で、「ポーランド工場の生産能力を引き続き育成して、今後2〜3年以内に欧州の生産能力を70GWh(ギガワット時)まで拡大したい」と語った。70GWhとは年間100万台以上の電気自動車にバッテリーを供給できる生産能力だ。

スポンサードリンク
LG化学は昨年初め、ポーランドのヴロツワフにバッテリー工場を完成したのに続き、昨年11月に6513億ウォンを追加投資して工場を増設することにした。欧州地域の増設をもとに、現在35GWhレベルの年間グローバルバッテリー生産能力を2020年には100~110GWhに拡大するという目標だ。
http://japanese.donga.com/

電気自動車(EV)市場における競争で優位性を確立するには、店頭表示価格やソフトウェアアップデートなどに加え、バッテリー技術と充電インフラの向上を実現できるかどうかにかかっている。新しいバッテリー技術が登場すると、新しい無線規格のデモも披露されるようになってきた。電気自動車の電池を、ガソリンを満タンにする場合と同程度の速さで再充電することが可能だという。研究者たちは、最近市場に登場し始めたばかりのアルミニウム空気電池や、亜鉛空気電池などの技術を追求することで、幅を広げようとしている。このような新しい技術の実現への鍵は、再充電機能を強化しながら、エネルギー蓄積コストを、キロワット時(kWh)当たり約100米ドルまで低下させることにある。

Tesla、Porsche(ポルシェ)および、電気自動車を手掛けるその他のメーカーは、ガソリンタンクを満タンにするのと同じくらい早く電気自動車のバッテリーを充電すべく、スーパーチャージングのインフラを整えることに注力してきた。 一方で、例えば、米国エネルギー省のオークリッジ国立研究所は2018年10月、電気自動車用の120Wワイヤレス給電システムを実証したと発表している。同研究所によれば、これは従来のワイヤレス給電システムの約6倍の電力を供給できるとする。 次のステップは、道路の下に設置したワイヤレス給電パッドによって電気自動車を自動的に充電できる、“ダイナミックワイヤレス充電方式”を検討しつつ、電力転送レベルを350kWに引き上げることだという。自動車バッテリー競争には投資競争のみならず、技術競争が加速しているだけでなく、伸びる技術がいくつもあるだけに、上位自動車企業とバッテリー企業を含め、世界企業との技術提携は不可欠となる。

関連記事

[ 2019年03月05日 09:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp