韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  米国が発見し北朝鮮が驚いた新たな核施設の場所は「分江」

米国が発見し北朝鮮が驚いた新たな核施設の場所は「分江」

ドナルド・トランプ米大統領が先月28日(現地時間)、米朝首脳会談の決裂後に非核化対象に指定した寧辺(ヨンビョン)核施設以外の「それ以上」は分江(プンガン)地区の地下高濃縮ウラン(HEU)施設だと会談に精通する複数の消息筋が4日に伝えた。

分江地区は寧辺核施設に隣接している。トランプ大統領は当時記者会見で「我々はそれ(寧辺核施設)以上をしなければならなかった」とし、「皆さんが話したり書いたりしていないものの中に我々が発見したものがある」と公開した。トランプ大統領は「彼ら(北朝鮮側)は我々がそれを知っていたため驚いたようだった」とも明らかにした。

複数の消息筋はこれについて「首脳会談の2日目(先月28日)の会談で北朝鮮側が寧辺地区を廃棄すると言うと米国側は寧辺以外に追加核施設1カ所の追加を求めた」とし、「この1カ所が分江地区の核施設で、米国側はこれを非核化対象に含めるように要求した」と明らかにした。李容浩(イ・ヨンホ)北朝鮮外相は会談決裂後の1日深夜の記者会見で「米国は寧辺以外にもう1カ所(非核化)しなければならないと最後まで主張した」と明らかにした。この「1カ所」というのも分江地区だというのが消息筋の説明だ。

スポンサードリンク
当初トランプ大統領が明らかにした「寧辺以外の核施設」をめぐり米国メディアが報道した平壌(ピョンヤン)近隣のカンソン発電所の核施設という予測があった。しかし消息筋によると問題の「寧辺他核施設」は過去にメディアで公開されていない施設だ。消息筋らは「米情報当局は長い間北朝鮮の核活動を追跡してきたものと把握している」とし、「分江地区は既存の寧辺核団地の北西側に位置し、北朝鮮は外部から探知されるのを憂慮し、その地域の地下にHEU工場を作ったものと把握している」と説明した。
http://news.livedoor.com/

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は3日、CNNテレビなど米メディアのインタビューに相次いで応じ、事実上決裂した2月末の米朝首脳再会談に関し、トランプ大統領を擁護した。「米国の国益を守ったので、紛れもなく米国にとって成功だった」と述べた。 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、金正恩朝鮮労働党委員長が同日午前3時(日本時間同)、特別列車で平壌駅に到着、帰国したと報じた。「世界の大きな関心と耳目が集まる中、第2回朝米首脳会談とベトナム訪問を成功裏に終えた」と伝えている。

米国と北朝鮮の思惑は別々だが、一緒に顔を合わせたのが二回でトランプの功績となる。問題は今後だが、北朝鮮は米国から身を守るという考えに変わりはない。従って隠しつつ核施設を増加し核開発を維持するのが普通の考えだ。今のトランプは世界の警察から離脱し、自国防衛に専念している。普通の国に成り下がっては、米朝首脳会談が実現しても、北朝鮮への圧力は高められない。トランプには限界があるが思惑もある。トランプには期待したいが、日本政府は朝鮮人を信用しない。拉致問題対応は自力で勝ち取るしかない。

関連記事

[ 2019年03月05日 10:07 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp