韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で「日本式家屋」の保存をめぐる議論が活発化

韓国で「日本式家屋」の保存をめぐる議論が活発化

2019年3月5日、韓国・イーデイリーによると、三一節(独立運動記念日)・大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えた韓国で「敵産家屋」の保存をめぐる議論が活発化している。 記事は「敵産家屋」について、「敵産は領土や占領地の中にある敵国の財産または敵国人の財産のこと。敵産家屋は解放後に日本人が一方的に残して行った家や建物をさす」と説明している。

記事によると、韓国では一般的に「敵産家屋」に対する視線は冷ややかで、「日帝(日本帝国主義)が残した朝鮮半島収奪の痕跡を消すべき」との主張が多いという。一方、学界では「文化財的価値があるため保存し、日帝が残した侵略の証拠を恥辱の歴史が繰り返されないよう教訓の対象にすべき」との声が高まっている。

韓国で「敵産家屋」は容易に目にすることができる。代表的なものとしては、金泳三(キム・ヨンサム)政府時代に完全に撤去した朝鮮総督府庁舎やソウル図書館(旧ソウル市庁舎)などがある。さらに日本と近い釜山には、昔の日本式家屋が1万4000軒以上あるという。また最近では文化空間としても注目を集めている。

スポンサードリンク
改造して展示スペースやゲストハウス、カフェとして活用されており、「異色の雰囲気」だと若者を中心に人気を集めている。全羅北道群山にあるヒロツ家屋は映画の撮影地としても使われたという。記事は「批判の中で観光資源として活用されているというのは皮肉だ」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2017年、釜山・一麦文化財団は、釜山市中心部にある日本式家屋(登録文化財第349号)について、今年6月から壁にひびが入り床がゆがみ始めたと伝えている。この建物のすぐ隣、距離にして1〜2メートルほどの所で18階建てビル新築の地下掘削工事により発生した現象で、戸のすき間は広がり、瓦の一部は崩れ、台所の戸は傾いて開閉ができなくなってしまった。 そのため財団は10月に施工会社を相手取り工事中止の仮処分申請を提出、今月16日に1次調停を控えている状況。

文化遺産の維持管理ができない韓国では、随所に日本式のみならず、自国文化遺産も同様。三一節(独立運動記念日)云々以前に自国管理体制が重要だが、文化遺産の復旧を重要と政府・専門家も言うだけで老朽化するばかりで、見どころは大きく減少しつつあるのが実態だ。彼らに自国文化遺産を含め、プライドなどは存在しない。

関連記事

[ 2019年03月06日 08:35 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp