韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「文在寅・トランプ決別」…海外で飛び交う不仲説

「文在寅・トランプ決別」…海外で飛び交う不仲説

ベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂して以降、韓米が対北朝鮮政策をめぐり連日足並みの乱れを見せていることから、主な外信各社では「不仲」「意見の違い」「摩擦」などの表現を使って、韓米関係の異様な空気を懸念する報道をしている。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は(トランプ米大統領ではなく)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の味方をしている」という指摘まで出ている状況だ。

米ブルームバーグ通信は4日(現地時間)、「北朝鮮の核提案を前向きに評価した文在寅、トランプと決別か」という記事で、「文在寅大統領は(ハノイ会談で出た)北朝鮮・寧辺の核施設廃棄の提案を「不可逆的な段階」だと前向きに評価した。トランプ政権とは仲たがいしたものだ」と報じた。そして、文在寅大統領が、今回のハノイ会談で北朝鮮が主張した「部分的制裁解除」という表現を使って、「(文大統領は)対北朝鮮制裁で中断されている南北間協力事業を進展させるよう要請した。これは北朝鮮の主張を支持したものだ」と書いた。

文在寅大統領は4日に招集した国家安全保障会議(NSC)の全体会議で、「(ハノイ会談で米朝間の)部分的な経済制裁解除が話し合われた」「南北協力事業を速やかに準備してほしい」と述べた。

スポンサードリンク
また寧辺の核施設廃棄については、「北朝鮮の核施設の根幹である寧辺の核施設が米国の査察・検証の下、永久に廃棄されることが視野に入ってきた」と言った。今回の首脳会談では非核化解決策に関する米朝間の認識の違いが克明に明らかになったが、米政府や世論の評価とは全く異なる解釈をしたものだ。
http://www.chosunonline.com/

2019-03-06-k001.jpg

米朝首脳会談を実施したわけで、米国と北朝鮮が対話できる環境があると考慮すれば、韓国は必要がない。トランプは金正恩に直接聞けばよいだけの事。嘘つき韓国を通じて話す必要はないという事だ。それだけ韓国の必要性は薄れていることを理解していないのが文氏と考えれば、自国都合の韓国が騒いだところで、米国の怒りを買うだけとなる。今回のハノイ会談で北朝鮮が主張した「部分的制裁解除」という表現を使って、文大統領は対北朝鮮制裁で中断されている南北間協力事業を進展させるよう要請したというが、普通に考えれば全面解除だろう。自国も狙われている実態を理解していないのは、何とも危機感のない文政権である。

関連記事

[ 2019年03月06日 09:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
信頼関係
 アメリカと韓国の信頼関係は希薄なものだ”ハノイ会談で北朝鮮が主張した「部分的制裁解除」という表現”は北朝鮮が交渉決裂の責任をアメリカに押しつける物でそれを韓国大統領が支持したと言う事は韓国も交渉決裂の責任はアメリカに有ると思ってる訳で本来ならば安倍首相がアメリカの主張を支持したように韓国もするべきだが、青瓦台や韓国与党議員などはアメリカのせいで交渉決裂したと断じてる、こんな国と信頼関係など築ける訳がない、何時背後から撃たれるかもしれな。
 アメリカは韓国が同一歩調を取れないと感じてるのでわないか?そうなればアメリカは韓国に制裁を科してでも同一歩調を取らせないと北朝鮮交渉は上手くいくまい、まず獅子身中の虫を黙らせないと。
[ 2019/03/06 10:13 ] [ 編集 ]
不仲説2つ
中央日報の評論
時論】追い込まれた金正恩委員長の今後の選択は

これを読むと、米国は北朝鮮の核関連施設を全部知っていたから、
金正恩は驚いたらしい、なので全部廃棄すれば北朝鮮は丸裸だから、
要求に応じられない、経済制裁継続はやむなしとして物別れに甘んじたと、

そういうことなら、金正恩を引っ張り出した文在寅はノーテンキなピエロで、
金正恩は怒っているだろう、金からみて文は役に立たない情報エージェント
だったということ、朝鮮日報のワシントン局はトランプ・文不仲説だが、
本国では金・文の不仲説が取りざたされる、
[ 2019/03/06 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp