韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本を意識?文大統領が「独島艦」に初搭乗も、韓国ネットからは厳しい声

日本を意識?文大統領が「独島艦」に初搭乗も、韓国ネットからは厳しい声

2019年3月5日、韓国メディア・ニュース1は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓国海軍の揚陸艦「独島」に初めて搭乗したと伝えた。

記事によると、文大統領は同日、慶尚南道(キョンサンナムド)・昌原(チャンウォン)の海軍士官学校で開かれた第73期卒業・任官式に出席し演説を行ったが、それに先立ち、ヘリで沖に待機する「独島」に搭乗した。文大統領が竹島の韓国名である「独島」と名付けられた同揚陸艦に公式に搭乗したのは就任以来初めて。韓国大統領府関係者は「『独島艦』に降り立ったのは、周辺国に韓国海軍力を示し、海洋主権守護の意思を明確にするため」だと説明しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「中国の戦闘機が来てもだんまり、PM2.5が飛んできていてもだんまり。中国に対する行動を見ていたら、意図的な反日としか見えない」「日本を意識しての行動だろうけど、今、警戒すべきは北朝鮮の核と中国だ。反日感情を利用して支持率を上げようという文大統領の思惑が透けて見える」など不満の声が殺到している。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-03-06-k002.jpg

独島級揚陸艦は、大韓民国海軍の強襲揚陸艦の艦級で、韓国海軍は2020年の機動艦隊(海上自衛隊の護衛艦隊にあたる)創設を目指している。機動艦隊創設計画に関しては、韓国が現在も継戦中である北朝鮮に対する軍備としては強大過ぎる上、独島級大型揚陸艦も地理的にも北朝鮮には最も遠い済州島に配備しており、日本全域を射程に収めるとされる韓国の国産長射程巡航ミサイルの配備と共に、対北朝鮮用としては疑問符が付くとの意見が多い。日本側の専門家筋の中には、これらのことから対北朝鮮装備としては過大な韓国の海軍力が、秘密裏に日本を仮想敵国としているのではないかとの懸念があるとしている。 ただ揚陸艦である独島級は速度は23ノット程度。護衛する駆逐艦が30ノット程度出と比べると速度は遅い。艦隊を組むには速度の遅い艦艇に合わせるしかない。艦隊の移動速度が遅いのでは何のために建造したのだろうか…。

関連記事

[ 2019年03月06日 12:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp