韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、北京第1工場の稼働を全面中断

現代自動車、北京第1工場の稼働を全面中断

韓国の現代自動車が早ければ来月にも北京第1工場の稼働を全面的に中断する。2017年の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる報復の影響で中国市場での販売が2年連続で悪化し、平均工場稼働率が50%以下に低下したことから、本格的なリストラに入った格好だ。

現代自の中国合弁会社、北京現代汽車は最近、人員削減のため、北京第1-3工場の従業員2000人を希望退職させたことが分かった。第1工場の残る従業員は第2、3工場に配置転換する予定だ。現代自関係者は「時期ははっきりと決まっていないが、過剰生産能力を調整するため、最も老朽化した第1工場の稼働を中断する手続きを進めている。工場閉鎖は決まったわけではなく、工場を今後どのように効率的に活用するかを検討していく」と説明した。

北京第1工場は2002年に現代自が中国に進出した際、最初に建てた工場。年間生産台数は30万台だ。その後、北京第2、3工場、滄州工場、重慶工場を設置し、生産能力を165万台まで増やした。

スポンサードリンク
北京現代は2013年から4年連続で100万台以上を販売し、全盛期を迎えた。しかし、17年にTHAAD配備による報復の影響で販売台数が78万5000台に落ち込んだ。昨年も79万台を販売したにとどまった。THAAD報復に加え、中国の地場メーカーの追い上げで競争力も低下したからだ。北京現代は今年の販売目標(90万台)を達成したとしても、工場稼働率は約50%にとどまる。
http://www.chosunonline.com/

2012-05-09-korea-1.jpg

現代自動車は6日、中国に持つ工場のなかで最も古い工場の操業停止する。約2000人の従業員は、希望退職を受け入れるか他の工場に配置転換される。現代自動車は傘下の起亜とあわせ、2016年まで中国3位を維持していたが、中国経済の減速や対米貿易摩擦を背景とする自動車市場の低迷に加え、韓国と中国との外交関係悪化や現代自の品質低下により、昨年の販売は稼動率50%以下となった。今後稼働率確保に向けた工場の取りまとめに動くとみられる。これにより人材と工場整理で、収益減少分をより少なくするという事だ。しかし逆に言えば上向くわけではないために、実質の後退となる。

関連記事

[ 2019年03月07日 09:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国市場はピークアウト
中国自動車市場は減速だから製品競争力が低いメーカーは
工場を閉めてしっかり戸締りするのが賢明だろう、

販売悪化の始まりが2017年のTHAAD報復なら1年半何をやったのか、
中国でSUVが売れ出した時期と同じタイミングだろう、

[ 2019/03/07 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp