韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  UFGも廃止、三大合同軍事演習が全てなくなった韓米同盟

UFGも廃止、三大合同軍事演習が全てなくなった韓米同盟

韓米合同軍事演習の一つである「乙支フリーダムガーディアン(UFG)」が事実上廃止された。ある韓国軍関係者は6日「毎年8月に実施されてきたUFGは今後行われない」とした上で「その代わり演習を二つに分けた形で行う予定だ」と明らかにした。この結果、UFGは1976年に「乙支フォーカスレンズ」として始まって以来、43年ぶりに廃止されることになった。

先日廃止が決まった韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ(KR)」と「フォール・イーグル」に続き、今回UFGまで廃止されることで、韓米合同で行われる三大軍事演習が全てなくなることになる。これによって「韓米同盟は演習のない見掛けだけの軍事同盟に転落するのでは」との懸念も広がっている。上記の韓国軍関係者は「血盟としての韓米同盟は事実上、すでに形骸化している」「訓練が行われなければ、在韓米軍が駐留する根拠も弱まるだろう」とコメントした。

韓国軍はUFGの廃止を受け、政府部処(省庁)による戦時対応訓練「乙支演習」を韓米合同軍事演習「フリーダムガーディアン」と分けて行う方針を明らかにした。まず乙支演習を分離し、これを韓国軍単独の指揮所演習「太極演習」と統合して「乙支太極演習」として今年5月に実施する予定だ。

スポンサードリンク
これについて韓国国防部(省に相当)の関係者は「武力攻撃を撃退する韓国軍独自の作戦遂行能力を高めるのはもちろん、テロや大規模災害への対応など、包括的な安全保障の概念を適用するという趣旨だ」と説明した。合同参謀本部の関係者は「韓米合同指揮所の演習であるフリーダムガーディアンは、韓米間の合意によって下半期中に行う方向で検討している」とも伝えた。キー・リゾルブを廃止・縮小し「19-1同盟」演習に変更したように、フリーダムガーディアンも「19-2演習」として規模を縮小して行われる見通しだ。
http://www.chosunonline.com/

文大統領は米国を支持しているわけではない。金正恩を支持しているわけで、韓米同盟云々などありえないだろう。朝鮮日報は、大統領府は先日の米朝首脳会談では完全に蚊帳の外に置かれたとし、米国との連携に大きな問題が生じていると伝えている。このような状況で米国との窓口を見直すのであれば、それは韓米協力、あるいは同盟の強化を目的に行うのが普通の考え方ではないだろうか。ところが実際は米国の方針とは正反対となる北朝鮮制裁緩和のための組織改編と人事が行われたとした。当然メディアの立場ならばそういう記事となる。その文氏をもっと批判の嵐にさらしてもよいだろう。反日記事ばかり掲載しないで、メディアのあるべき姿を社説で、どんどん掲載してみたらどうだと言いたいが…。

関連記事

[ 2019年03月07日 12:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
何の為の同盟?
 アメリカと韓国の同盟は朝鮮戦争後に結ばれた軍事同盟で北朝鮮の脅威に対する物の筈だった、それが共同軍事演習をしないなら何の為の軍事同盟なんだろう、日米安全保障条約で日米は軍事同盟を結んでおり機会ある事に海上、陸上、航空自衛隊はアメリカ軍と演習を行っていざ有事に備えてている、韓国は北朝鮮と休戦状態にあり何時紛争が起こらないとも限らないのに悠長な事だ、韓国と北朝鮮がいざ戦うと在日アメリカ軍が出動する、そうすれば日本の海上自衛隊はアメリカ艦隊の護衛に付く嫌がおにも二次的に韓国の援助をしなければならない。
 どうしようも無い韓国を助ける為に日本人の血を流す事は御免だ、韓国は根性が有るなら自国で自国を守って見せろ、日本は韓国を助ける事はしないが有事には韓国内の日本人同胞の救出には決死の覚悟で行く事には支援を惜しまない。
[ 2019/03/07 14:42 ] [ 編集 ]
何が起こるのか
核廃棄の問題と、金王朝温存の問題があって、
両方解決なら世界は半島統一に後押しでしょうが、そうはいかない、
米国には米韓同盟の軍事ビジネスにメリットがなくなって、
駐韓米軍撤退と韓国放置が進む、これは北朝鮮には半島統一の追い風、
しかし、体力のない北朝鮮陸軍の韓国侵攻、これも無理っぽい、
制裁を強化して、北がへたれるのを待つのか、
韓国でも左右衝突とか、何か起こるのではないか、
[ 2019/03/07 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp