韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「たったそれだけ?」韓国大統領府の大気汚染対策に不満の声

「たったそれだけ?」韓国大統領府の大気汚染対策に不満の声

2019年3月6日、韓国経済テレビは「大統領府担当記者『大気汚染対策はそれだけ?』…大統領府の回答は」と題する記事を報じた。
記事によると、大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が同日、春秋館での定例会見で「(文在寅)大統領が、中国から来るPM2.5(微細粉塵)の影響を最小化にすべく中国政府と協議し、緊急対策を設けるよう指示した」と話した。

文大統領はこの日、「韓中微細粉塵非常低減措置の共同施行」「韓中人工降雨の共同実施」「韓中微細粉塵予報システムの共同設置」などを要求。それとともに「必要であれば補正予算を緊急編成して微細粉塵を減らすことに集中し、現在30年以上と老朽化した石炭火力発電所の早期閉鎖案を積極的に検討せよ」と指示したという。

また、会見後にある記者が「この対策を見ると、大気汚染に苦しんでいる国民の不満を解消するにはあまりにも足りないと思われるが、これが全てなのか」と質問。すると、金報道官は「質問はそれが全てなのか。最善を尽くしている」と回答したという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
韓国の文在寅大統領は6日、微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染の悪化が続いていることを受け、中国政府と協議し、共同で人工降雨などの緊急対策を取るよう関係部署に指示した。韓国大統領府が発表している。韓国では、中国からの汚染物質の飛来が原因との見方が強い。中国外務省の陸慷報道局長は6日の記者会見で「中国から来ているという十分な証拠があるのか、私は知らない」とし、原因は複雑なので「科学に基づく対応」が必要との立場を示している。

一方で韓国ではここ数日、大気汚染が深刻化。ソウルでは白い霧に覆われたようになり、政府は6日まで、車両通行や工事現場の作業時間を規制する汚染物質の「非常低減措置令」を6日連続で出していた。しかし韓国内の大気汚染対策はあまりに貧弱だ。日本がクリーンな火力発電を実施しているというのに、韓国では対応は中国への責任転嫁でしかなく、人口雨などでは根本対策にはならない。すでに中国はクリーンな自動車へ動き出しているわけで、国を挙げて環境汚染対策を取り入れている。最近では前の様な大気汚染のニュースが減少しているのも事実。

日本主導の世界銀は中国主導の世界銀に融資し、大気汚染対策を実施中だ。韓国ではいまだ何も実施していない、

関連記事

[ 2019年03月08日 08:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
無責任
 韓国は何事においても責任を取ろうとはしないで全て人任せ、PM2.5においても中国に責任を押しつけて自分達は場当たりの措置しかしない、根本的原因を考察し対策を取る能力に欠ける韓国を相手にするのは無駄の一言につきる。
 PM2.5(微細粉塵)は風が吹いても消える事は無い!!
[ 2019/03/08 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp