韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人再訪問率1位の旅行地は済州…2位は?

韓国人再訪問率1位の旅行地は済州…2位は?

韓国人の2人に1人は一度訪問した旅行地を再び訪れたことがあり、気に入ったところを再び訪れて該当旅行地をもう少し深く知りたいという欲求が大きいことが調査で分かった。また、再訪問の魅力要素に食とグルメスポット探索を挙げた。

グローバル旅行検索エンジンの「スカイスキャナー(Skyscanner)」が韓国人の個別旅行客601人を対象にアンケート調査を実施した結果、回答者の約48%が一度訪問した旅行地を再訪問したことがあることが明らかになった。特に、このうち66%は同じ場所を3回以上訪れたことがあると答えた。さらに同じところを5回以上訪れた回答者はその中でも40%に達した。 最も人気のある再訪問旅行地は国内の済州(チェジュ)で、日本の大阪と福岡が後に続いた。タイ・バンコクと東京はそれぞれ4位と5位に入った。

再訪問の理由では「食とグルメスポット」(24%)の影響が最も大きいことが分かった。「特有の雰囲気」(17%)や「自然景観」(10%)、「休養施設」(10%)なども再訪問を促す魅力要素だった。「合理的な費用」(14%)と「日程」(10%)など現実的な理由も言ったことのある場所に再び足を向かせる理由に選ばれた。

スポンサードリンク
再訪問率が最も高かった済州の場合、過去は有名観光地旅行に集中したとすると、最近は若者旅行者を中心に済州市翰林邑挟才里(ハンリムウプ・ヒョプジェリ)や涯月邑(エウォルウプ)など済州の隠れた魅力を感じることができる美しい景観を利用したカフェやグルメスポットがその一等功臣に挙げられている。
https://japanese.joins.com/

最も人気のある再訪問旅行地は国内の済州と言うのも笑える。次が大阪・福岡、次がタイ・バンコク・東京で5位以内に日本は3都市入っている。韓国は済州だけでは、如何に見どころがないかがわかる。一方、「食とグルメスポット」が最も大きいのでは、日本で使う旅行資金は宿泊費を除けば、訪日外国人の中で使う金は一番少ないわけだ。済州島も数年前から中国人が土地購入をしている。また旅行客の土産店は中国人が店を出し始めた事で、韓国の土産店を営む個人事業主を圧迫している。

観光スポットの環境整備も、不備な部分会出始めているだけに問題だ。観光インフラにごみ等の整備を実施しないと、この地も観光客は訪れなくなるが…。

関連記事

[ 2019年03月08日 12:18 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp