韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国現代自動車の販売台数が大幅減、中国で最も古い工場の生産停止を検討

韓国現代自動車の販売台数が大幅減、中国で最も古い工場の生産停止を検討

2019年3月7日、観察者網は、ロイター通信の報道を引用し、韓国の現代自動車が中国で最も古い工場での生産を一時停止することを検討していると伝えた。中国市場での急激な売り上げ減少と生産過剰の問題に直面しているためだという。

記事は、「現代自動車と傘下の起亜自動車は、16年までは中国第三の自動車メーカーだった。今回の措置は、中国自動車業界の運命が逆転していることを示しており、昨年の中国自動車業界はここ数十年で初の減少となった」と紹介した。 現代自動車は「現在、生産について評価をしているところで、競争力と収益力の増強を図っている」との声明を発表。「生産の一時停止も含むが、北京第一工場の閉鎖ではない」とも述べているという。

記事は、「現代自動車は北京に3つの工場があるが、同社はいつから生産を停止するかまだ決定していない。韓国メディアは、早ければ来月から停止すると報じている」と伝えた。同社の声明によると、現代自動車と北汽集団が立ち上げた合資企業は、現代自動車による中国の5つの工場での運営を担当しており、約2000人の従業員が自主退職あるいは他の工場へ移転したという。

スポンサードリンク
記事は、日本経済新聞の報道も引用し、「この5つの工場の生産能力は合計約180万台だが、18年の中国での販売台数は昨年比9%減のわずか約75万台で、ピーク時の16年と比べて約3割減少した」とも伝えた。その上で、「これをもとに単純計算すると、18年の工場の稼働率はわずかに4割強で、北京第一工場の老朽化した施設のメンテナンス費の負担が大きな課題になっている」と記事は指摘している。
https://www.recordchina.co.jp/

以前から中国工場の稼働率低下は問題視されていた。稼働率4割というのは今始まったことではない。中国における生産台数アップに投資を重ねて新工場を立ち上げた結果と言える。工場建設時に台数が上昇しなければ問題と言う指摘は無視された。結果この状態であるから、指摘していた専門家や我々のほうが先読みであったともいえる。老朽化したにもかかわらず閉鎖ではなく停止と拘っているが、老朽化したなら閉鎖で処分したほうが良い。先端技術での設備投資と工場建設立て直し費用のほうが高いだろう。中国重慶にほど近い総工費10億ドル(1130億円)の巨大製造工場は、年間生産台数30万台を目標に、2017年稼動が始まっている。だが、販売の伸び悩みに、中国市場の急減速が重なり、同工場の稼働率は3割程度にとどまっていたが…。

関連記事

[ 2019年03月09日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp