韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮「米朝協議は合意なく終了」…決裂8日目に報道

北朝鮮「米朝協議は合意なく終了」…決裂8日目に報道

北朝鮮メディアが2回目の米朝首脳会談(ベトナム・ハノイ)終了から8日目、会談の決裂について初めて報道した。その間、北朝鮮メディアは会談の決裂には具体的に言及せず、「親善成果」を主に伝えていた。

労働党機関紙の労働新聞は8日、「偏屈な島国の輩は天罰を免れないはず」と題した論評で、先月27、28日に開催された米朝首脳会談について「予想外にも合意文なく終わった」と報じた。続いて労働新聞は決裂の責任について国内外の評価ということを前提に「米国にその責任があると一様に主張し、失望と嘆息を禁じ得ない」と明らかにした。 また、日本に言及し「(会談の決裂で)日本の反動だけが待ちこがれていた朗報にでも接したかのように拍手しながら見苦しく振る舞っている」とも指摘した。

北朝鮮が合意決裂を内部に伝えたのは今回が初めて。労働新聞が党機関紙であり対内宣伝用という点を考慮すると、事実上、全住民にこれ知らせたということだ。

スポンサードリンク
会談終了から8日目に北朝鮮住民にこうした内容を伝えたのは、決裂の事実を隠すには限界があるという判断のためとみられる。米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は4日(現地時間)、平安北道(ピョンアンブクド)の情報筋を引用し、北朝鮮住民の間でハノイ会談がいかなる成果もなく終わったという噂が広まっていると報道していた。
https://japanese.joins.com/

いい加減なトランプとはいえ、過去に前例がない北朝鮮との合意に、安易な合意は世界に前例がないとの批判は恐ろしいだろう。従って、慎重にならざる負えないのも事実。トランプにとっては予想以上に実はハードルが高いともいえる。あとでそんなことは合意していないと嘘をつく朝鮮人である。今後も慎重に行動してほしいものである。北朝鮮は米国から狙われたときの自国防衛で開発した核技術を、トランプとの合意で廃棄するほど素直な連中ではない。いまだチャンスがあれば南を吸収することはあきらめていない。

さらに米国から狙われないための行動が不可欠なわけで、安易なトランプならばと考えた結果ともいえるが、トランプとて、そこは慎重だろう。これ以上世界から孤立させられれば米国とて世界市場の国であるから、意外とトランプにとっては次期大統領選もあり、プレッシャーであることは間違いない。そういう意味では北朝鮮と合意なく終了したこと自体が成功と言えるのでは…。

関連記事

[ 2019年03月09日 09:27 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp