韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国の三菱重工資産差し押さえ申請に…自民議員「韓国の急所を突け」

韓国の三菱重工資産差し押さえ申請に…自民議員「韓国の急所を突け」

日韓断絶が現実味を帯びてきた。韓国最高裁による、元朝鮮女子勤労挺身隊員をめぐる異常判決を受け、原告側の弁護団が7日、三菱重工業の資産差し押さえをソウル中央地裁に申請したのだ。1965年の日韓請求権・経済連携協力に反する暴挙といえる。日本政府は辛抱強く、韓国に政府間協議を求めてきたが無視され、国会議長による「天皇陛下の謝罪要求」という狂気の言動まで聞こえてきた。日本の与野党議員から「痛み」を伴う対抗措置を求める声が高まっている。「反日」の文在寅(ムン・ジェイン)政権には毅然(きぜん)と対応するしかない。

「(日本企業の)資産の差し押さえ申請など、事態がこうして進んでいるのは、極めて深刻な状況だ」「わが国としては韓国の協定違反の状態を解決すべく、協定に基づく協議を要請している。韓国は当然、誠意を持って応じるべきだ」 菅義偉官房長官は7日の記者会見でこう語り、無法国家への憤りをにじませた。 いわゆる「元徴用工」や、元挺身隊員による訴訟の異常判決を受けた日本企業の資産差し押さえは、1月の新日鉄住金に続き2例目となる。

スポンサードリンク
自民党の中山泰秀元外務副大臣は「国家間の協定・約束を反故(ほご)にするなど、考えられない。厚かましくて、度が過ぎている。韓国は請求権問題だけではなく、駆逐艦による危険なレーダー照射や、国会議長による『天皇陛下への謝罪要求』など、非礼の限りを尽くしている。冷静に、かつ、韓国の急所を突く形で制裁すべきだ。国際社会に対しても、明確な証拠を示しながら時系列で整理し、英文で発信するなど、『情報戦』を徹底すべきだ」と語った。
http://www.zakzak.co.jp/

記事の最後は、「政府・自民党は正念場だ。韓国に言うべきことは言い、やるべき制裁を断行すべきだ。実行しなければ、政府・自民党は国民の信頼を失う。自民党は終わりだ」と締めくくっている。自民党が終わりかどうかは別として、安倍首相は韓国政府に対して実施すべきことを伝えて実行することが重要だ。ここまでくると歴史認識云々の話ではない。戦争責任を終えた日本は、反日行為やレーダー照射に陛下への暴言など度が過ぎる韓国に、合意も守らず、条約も守らない国と、どうやって対応しようと考えているのか…。独立運動100周年だから何でも実施してよいは大人社会では通じないだろう。国際司法裁判所(ICJ)に提訴するのは勿論の事、さらに制裁を科してこそとなる。

関連記事

[ 2019年03月09日 19:01 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
色々と調整
韓国制裁には時間がかかりますね、
貿易は売りも買いも代りの相手国がいるし、
実際、対韓貿易は輸出も輸入も横ばい。
対韓貿易で日本には毎月1500億から2000億円の黒字がでる。
日韓貿易、日韓事業がある限り、韓国利権があって、
利権議員がいる、日韓議員連盟が政権・政府筋に
抑えを利かせるから、これをはずさないと始まらない。
しかし、時間をかけると韓国になめられる。
[ 2019/03/09 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp