韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「スモッグは中国のせい?」韓国保守団体が中国大使館前で抗議

「スモッグは中国のせい?」韓国保守団体が中国大使館前で抗議

中国メディアの新浪網は2019年3月8日付で、韓国の保守系団体がスモッグ問題について中国大使館前で抗議活動を行ったと伝えた。

記事は、環球時報の社説を引用。それによると、大気汚染問題が深刻となっている韓国では、政治家の中にも、中国のスモッグが今まさに韓国を襲撃していると主張している人もいて、政府に対して対中圧力を強めるよう要求しており、一部の保守団体は7日、中国大使館前で抗議活動を行ったという。 新浪網によると、スモッグが続いているため一部の中国人留学生は相手にされず、うっぷんを晴らす対象になっているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「環境保護をちゃんとしないで人のせいにするのか」「中国と韓国の間には北朝鮮があるのだから、スモッグが中国から来ているのなら、まず北朝鮮に行くはずだ」「韓国人はこれを機にスモッグをユネスコに申請すればいいのに」「韓国はそろそろ選挙でもあるのか?」などのコメントが寄せられた。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-02-15-k001.jpg

中国より韓国のほうが深刻では困った問題となる。中国では国を挙げて環境汚染に取り組んでいる。大気汚染は効果はすぐ出るが土壌や河川は難しい。しかし何もしない韓国よりはマシだろう。日本も協力しているわけで、世界銀も融資している。車の排気ガスも減少するでしょう。従って今後エコ車の競争は激化する。

国の小さい韓国が大気汚染で深刻では、とても先進国家に程遠い。中国と人口雨の共同研究対応というが、そもそも根本原因となる火力発電へのクリーン化投資をしないし、ディーゼル車の大変更を実施しない。日本はディーゼル車対応はかなり前から実施している。環境汚染対策も進み河川はきれいになりつつある。一方の韓国はこれから対応では、高齢化社会を迎えた今となっては資金不足で何もできないのでは…。

関連記事

[ 2019年03月10日 08:42 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp