韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人の代理購入減少で打撃の日本の百貨店

中国人の代理購入減少で打撃の日本の百貨店

2019年3月8日、華字紙・中文導報は、中国人による代理購入の減少で日本の百貨店が大きな影響を受けていると伝えた。 記事は、1日に日本の各百貨店グループが発表した2月の売り上げを紹介。「2月上旬の春節(旧正月)の長期休暇の影響で、免税店での売り上げが大幅に上昇し、百貨店全体の売り上げを押し上げ、今年初めに施行された電子商取引法による個人の代理購入減少の影響をある程度埋めることができた」と伝えた。

記事は、「2月1日に発表された小売業の業績を見ると、中国の電子商取引法の影響で1月は日本のすべての百貨店で売り上げが減少した」と指摘。一方で、「2月は春節商戦のけん引により、大丸松坂屋百貨店では2月の売り上げが昨年同期比で2.2%増となり、特に免税商品の売り上げは17%増と大幅な上昇となった」と紹介した。

特に、大丸心斎橋店では前年同期比29%増となり、松坂屋名古屋店も38%増となったことや、H2Oリテイリンググループの2月の免税商品の売り上げも、前年同期比で2割近い増加となったことを紹介し、「代理購入目的の爆買いが徐々に沈静化し、普通の日本人と同じように各種の商品を購入する外国人客が増加した」と分析した。

スポンサードリンク
しかし、「代理購入減少の影響は今でも存在している」とも指摘。「三越伊勢丹グループは首都圏の百貨店で2月の免税商品の売り上げが10.8%増加したものの、新宿、日本橋、銀座等の都心の三大旗艦店では、前年比3.3%減となった。特に伊勢丹新宿本店は新たな電子商取引法の影響が顕著だ」と分析した。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-03-06-wa.jpg

中国人による代理購入の減少で一番困っているのは韓国免税店だろう。中国旅行者が訪韓しても免税店がメインですぐ帰国するわけで、挙句に中国人による代理購入の減少では、韓国観光業界は赤字が増加するだけとなる。中国での売り上げも減少し、免税店の売り上げも減少している様では深刻となる。日本は他の新興国からの観光客も増加しており、そもそも中国人による代理購入がメインではない。確かに売り上げ減少してはいるが、代理購入で増加したことのほうが異常であるわけで、企業としても本来の戦略ではない。

関連記事

[ 2019年03月10日 08:54 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
インバウンドの変化
中国人観光客の観光動向の変化があって、
変化に気づかないで、中国人=爆買い=代理購入
という図式で品ぞろえした百貨店には逆風だったようで、

中国人外国旅行の代理購入に目を付けた中国当局が
代理購入を営業店とみなして課税、爆買い減少、

中国人の日本観光は2周目に入って、買物から
文化体験にシフトしているような、
[ 2019/03/10 11:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp