韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国も次世代国際宇宙ステーション建設に参加

韓国も次世代国際宇宙ステーション建設に参加

2019年3月7日、韓国・中央日報によると、韓国政府が米航空宇宙局(NASA)の進める月軌道プラットホームゲートウェイ(LOP‐G)建設計画への参加を公式に発表した。

記事はLOP‐Gについて、現在運営中の国際宇宙ステーション(ISS)の代わりとなり、今後の月・火星有人探査の前哨基地となる「次世代ISS」と説明している。科学技術情報通信部巨大公共研究政策課のチョ・ナクヒョン課長は「韓国はISSの建設に参加できなかったが、今回はNASAが韓国天文研究院や韓国航空宇宙研究院がMOUを締結できるとの意向を伝えてきた」と明らかにした。

航空宇宙研究院のファン・ジニョン責任研究員は「世界各国がLOP‐G建設に参加するので、今後の宇宙開発分野における国際協力の基本フレームが作られる」とし、「韓国も初期から参加しなければ国際宇宙開発の流れに乗り遅れる可能性があるため、こうした計画は必須だ」と話したという。

スポンサードリンク
一方、今年予定されていた韓国製静止軌道衛星「千里眼2B号」と次世代中型衛星1号の打ち上げは、機体の一部に不具合が確認されたため、来年に延期されている。
https://www.recordchina.co.jp/

中央日報は、韓国政府がアメリカ航空宇宙局が主導する「月軌道プラットホームゲートウェイ」建設への参加を初めて公式に発表したと報じた。LOP-Gは現在運営中の国際宇宙ステーション(ISS)に代わり今後月・火星有人探査の前哨基地になる「次世代ISS」だ。政府は6日、京畿道政府果川庁舎で第30回宇宙開発振興実務委員会を開き、この内容を含む「宇宙開発振興施行計画」を審議したという。

韓国が独自の衛星航法システムを構築すれば軍事的目的の衛星偵察・情報収集などで独立的地位を得ることができるとしているが、形だけですぐこの計画は失敗に終わる。あとで無駄な投資と騒ぐだけでは…。

関連記事

[ 2019年03月10日 11:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
ロケットも飛ばせないのに宇宙ステイション?
ロケットも打ち上げられない韓国が宇宙ステイション事業に参加すればラオスのダム決壊の様に宇宙ステイションを崩壊させてしまう危険がある。
[ 2019/03/10 14:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp